渡辺祥子 言の葉だより

kotonoha9.exblog.jp
ブログトップ

ボリビアレポート(その9)

ボリビアにある日本人の街(もう一ヶ所、沖縄の方々の移住地もあります)サンフアン日本人移住地での体験を、3回に分けて投稿しましたが、最後のレポートはこちら!!

移住地内の学校「サンフアン学園」での語りの会を終え、帰路についたのがちょうど下校時間。
子どもたちが掃除をしていました!!
f0232560_2484861.jpg

〜それが何???と、日本人の我々には当たり前の風景ですが、
世界の多くの国では、掃除はその専門の人が行うものとか、お手伝いさんがやるもの、的な感覚があり、
日本のように、掃除はただ綺麗にするだけでなく、精神文化を育てると考える国は、ほぼないのではないでしょうか。
ですからこの風景は、日本人移住地ならではの特別なもの!!

61年前、ジャングルの中にポツンと取り残されたような状態だったにもかかわらず、
子どもたちには、女学校を出た人などが先生になったり、現地の人を雇ってスペイン語を教えたりと、
いち早く学校をつくったそうで、それが今のサンフアン学園の前身。

現在は、教育がしっかりしているとの事で、移住地内に住むボリビア人のみならず外からも通う子どももいて、日本語とスペイン語のクラスに分かれたりしているそうですが、掃除だけは共通。
ボリビア人の親から、何故うちの子供に掃除をさせるんだ、誰かを雇うべきだ、などのクレームもあるようですが、何とか今まで死守しているそうです。

先生方の頑張りの賜物なのですが、ぜひこうした精神は、引き継いでいってほしいと思いますし、
私たちも、掃除に代表される精神性を、受け継ぎ、引き継いでいかなければと強く思いました。
f0232560_2503123.jpg

[PR]
by shoko2kotonoha | 2016-05-20 02:52