渡辺祥子 言の葉だより

kotonoha9.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

街に息づくエネルギー!!

アートでたどるライフライン
“生きる”博覧会2010[夏篇]


9月23日の月夜語りでも御一緒する吉川由美さんはじめ、仲間のアーティストたちが関わっている
アートプロジェクト!!!週末遊びに行ってきました!!!

地域と深く関わる、思いのこもったイベントなのですが、なかなか説明しきれないので,
HPのはじめにある文章を下にコピーしますね‥^^「さらに詳しくはこちらをクリックして!!」

“生きる”博覧会は、さまざまな場所での人間の営みをアートを通して見つめ直すプロジェクトです。

今年は、海辺の町、南三陸町を舞台に、まちなかの商店、女たち、海産物加工に携わる方々の“生きる”を、
いくつかの手法で浮かび上がらせます。

また、南三陸町の知られざる魅力のスポットを掘り起こす限定ツアーも開催します。
まちの女性たちと協働して、まちに連なる一軒一軒に生きる人々の思いを美しい切り紙にするコミュニティアートが、駅前からおさかな通りに展開します。

海辺のまちで、特別なひとときをお過ごしください。 
 <HPより>


正月の神棚の飾り付けのひとつ、きりこも、アーティストの視点で見ると素晴らしい地域の宝!!
特に宮城のきりこは、形も複雑で芸術的にも高い評価を得ているそうなんです。
本来は地元の神社の神職の手で家々の形がつくられるそうですが、これを地域の女性たちと共同で、
コミュニティーアートとして取り上げました。。
f0232560_223093.jpgf0232560_224794.jpg










街全体のイメージの魚などのきりこの他、その家やお店の方々にインタビューをして、
そこ独自のきりこをつくり、その家や店の由来の説明プレートとともに展示をしている所もありますので、
地域をおもいっきり感じることが出来ます。
見ている私がそう感じるのですから、取材をしきりこを制作した地域の女性、そして取材をされオリジナルの
きりこが飾られた方々のこころに思いを寄せると、なにかあったかいものを感じずにはいられません。
f0232560_228275.jpgf0232560_2283931.jpg










今週末も様々な企画が予定されています^^お時間のある方!ぜひ海辺のまちを訪ねてみては!!
[PR]
by shoko2kotonoha | 2010-08-30 22:12

満月の夜に‥

傘をかぶったお月様が、ぼんやりと浮かんでいます‥
次の満月の日は、「月夜の真葛~渡辺祥子月夜語り~」(←クリック)の当日。。
来月はきれいに見えますように‥

毎月新月と満月にアップする、
とろっとみやぎの言の葉セラピー(←クリック^^)アップしました^^

今回は超めずらしく^^小学生の女の子からの投稿があり、とっても嬉しかったです!
こころからのエールを送りました。。

以前ブログで紹介した、子供たちと直接関わる機会はもちろん、
最近は、仙台市教育センターで、先生方の研修の講師をさせていただくなど、
教育の現場に関わることが増えて色々考えることがあります。

先日お会いした中学校の先生から伺ってはっとした事‥。

今、市内のほとんどの中学生たちは、2年生の夏休みに3日間の職場体験をしています。
それに向けて働く意義を学んだり、マナー講習やら準備をして臨むのですが、

体験を終えた生徒の報告文の中に~
科目の勉強の大切さを感じた

と言う感想がとても多いのだそうです。

科目の勉強と言うのは、ただ知識を得るだけではなく、その内側に隠れている‘生きる知恵’を、
知らず知らずに学び身につけることだと私は考えています。

数学だったら、論理立てて物事を考えるコツを身につけることにつながったり、
国語は、読み取りの力をつけながら、実際の生活の中で、相手の心に想いを寄せる感覚を身につけり‥・。。

全ての教科に意義があり意味がある。。
その先にあるものをしっかり見極めて今の知識を教える事が、大人の役割なのカナァと思います。

でも、実は子供たちはそれを、体験によって直感的に感じているのでしょうね。。

そんな柔軟な子供の心が素直に育っていきますように‥。。。
一緒に学びながら、私も何が出来るか一生懸命考えて実践していこうと思います!!!!
[PR]
by shoko2kotonoha | 2010-08-25 21:42

チケットプレゼント締め切り間近!!!

f0232560_13482656.jpg月夜の真葛
     ~渡辺祥子「月夜語り」~
  
2010年9月23日(祝・木曜日)
午後6時開演(5時半開場)
会場:戦災復興記念館・記念ホール[022-263-6931]
入場料:3,000円(全席自由)

=語り:渡辺祥子  
 脚本・演出:吉川由美=




※協賛の日専連カードさんが、プレゼント企画をしてくださいました!!
20組40名様を御招待!!締め切りは8月25日(水曜日)です!!!
日専連HP(←こちらをクリック!)からお申し込みください!!!※



住所登録のお客様には今週中に御案内のダイレクトメールでチラシが届きます!!
HPへお越しのお客様にも同じ案内文を下にコピーします^^ 
チラシはこちらからダウンロードしてください!!


=渡辺祥子ひとり語り舞台公演=
 こんな女性が宮城にいたなんて。。。
      月夜の真葛
        渡辺祥子「月夜語り」


 残暑お見舞い申し上げます。
 
 例年に無い厳しい暑さが続いておりますが、
そんな中にも、立秋の声を聞くと同時に朝夕の風の変化を実感。
豊かな自然の力と、自然と共に生きた先人たちの感性に改めて深く感動します。
 
 人々の細やかな感性を呼び起こし、良心に語りかける作品を上演し続けておりますが、
今回、宮城ゆかりの女流文筆家:只野真葛(本名綾子)の生涯を語ります。

真葛は、数え年9歳のとき、世の中の役に立つような女性の手本になりたいと決心し、
13~14歳の時には仏道にいう悟りを開きたいと考えた、早熟で賢い女性だったようです。

後に彼女は、松島・塩竃・七ヶ浜などを訪ね、いきいきとした紀行文を残すと共に、
経済至上主義を批判し、“他人にとっても自分にとっても良いと思える世にならないものか”
などという、独自の生き方論も綴っています。
      
   =今の世の人気はやはり人を倒して我富まんと思う心。
        なんとかこの心を翻し人良かれ我も良かれと思わせたい。


江戸期の宮城をいきいきと生きた女性・只野真葛の生涯を辿りながら、現代に生きる私たちの事、
そして、地域の‥日本の‥世界の、今・未来に想いを馳せる時間を持っていただければ幸いです。
        
     9月23日(木・秋分の日)満月の宵
        真葛も仰ぎ見たであろう月を愛でつつ‥


皆様のご来場を心からお待ちしております。                          
                                   2010年8月 渡辺祥子

【チラシには掲載されていませんが、ソプラノの鈴木美紀子さんが友情出演
してくださることになりましたこと、重ねてご案内させていただきます。】


《プレイガイド》
日専連カウンターアエル店(AER4階)フォーラス店(FORUS5階)
※日専連カード会員の方は、カウンターにて提示いただければ割引(500円)が適用になります※
ローソンチケット:Lコード27754

《メール予約》kotonoha@club.email.ne.jp
※お名前(ふりがな)、枚数、〒&住所、連絡先電話番号をお書きの上お申し込みください。

《問合せ・主催》
フォーラム言の葉事務局090-2889-3690(平井)
[PR]
by shoko2kotonoha | 2010-08-23 14:02

=地球交響曲・ガイアシンフォニー7番の上映会のご案内=

f0232560_1116251.jpg地球交響曲・ガイアシンフォニー第7番
~全ての生命が健やかに生き続けるために~

8月21日(土)
①午後1時~ ②午後4時~
せんだいメディアテーク7階スタジオホール
前売り:1,500円 当日:1,800円


もう10年以上も前になります。
ガイアシンフォニーの1番から3番までの仙台での上映会に関わらせていただいていました。
登場する方々の生き方をドキュメンタリーで追っていく中に、共通のメッセージを汲み取ることが出来る‥。

今ここに生きている意味を根源から問われ、その後の生き方に大きく影響を受けたひとつがこの映画でした。

あれから12年‥
監督の龍村仁さんの願いはぶれることなく更に輝きを増して、多くの人たちの心に灯りをともし続けているなぁと、感動してしまいます。

日本神道の美とその背後にある自然観に触れることにより、魂の内奥に眠っている‘生かされている’という体感が甦ることを願って、今回掲げられたメインテーマは、~全ての生命が健やかに生き続けるために

取り上げる人々は…
統合医療の第一人者アンドルー・ワイル氏ツール・ド・フランス覇者グレッグレモン氏
環境活動家高野孝子氏です。

オフィシャルサイト(←クリック)で内容をご覧ください^^
皆さんの心が今求めているメッセージが得られるかもしれませんよ!!

言の葉クラブ事務局でも前売り券受け付けています!
kotonoha@club.email.ne.jp
売り切れゴメンです^^お早めにお申し込みを!!!
[PR]
by shoko2kotonoha | 2010-08-15 11:36

飛べ!シジュウカラガン号始動!!

f0232560_216291.jpg昨日このブログでご案内の通り^^
=キャラバン隊=始動です!!!

スタートはもちろん、シジュウカラガンの飛来が確認されている、渡り鳥たちのサンクチュアリー、宮城県北部^^

朝9時に、日本雁を保護する会会長の呉地さんのご自宅の近くにある、柳澤寺さんの駐車場をお借りしての出発式!!
住職さんも、お孫さんを連れて激励に来てくださいました^^

←これが「飛べ!シジュウカラガン号」!

7月25日の読売新聞全国版の2面に載った記事(きのうのブログにリンク貼ってあります)をご覧になった、神奈川県のカーリースの会社のオーナーさんが、自分に出来ることを!!と、1ヶ月無償で提供してくださることになりました!!(通常選挙などでリースした場合、ひと月100万くらいかかるそうです。岩手県藤沢のご出身の方。ふるさとに程近い地域の皆さんのお役に立ちたいとのお申し出だったそうです。)
ご自身で車を運転して来られて、すべて準備を整えて、昨日新幹線でお戻りになったそうですが、こうしたミラクルのご縁が広がるのも、ほんと!活動に携わっている方々の志の素晴らしさと行動してきた力があってこそ!!感動です^^
f0232560_21212665.jpgシジュウカラガンの飛来が確認されている、蕪栗沼・化女沼のある大崎市の伊藤康志市長を表敬訪問。
雁の飛来できる環境を地域の宝と言い切り、積極的に取り組む姿勢は素晴らしいです!!

中学1年生のゆうやくんの首にかけた募金箱に、市民の方々からの志を、代表で入れてくださいました^^
f0232560_21213734.jpg








f0232560_21263328.jpg今日は市役所・支所など表敬訪問が中心でしたが、明日は場所を仙台方面に移し、今度は市街地を広報カーで流して歩くことになりました。

特にかつては沢山のシジュウカラガンが飛来していた、福田町・岩切方面など‥。。
車を見かけたら手を振ってくださいね^^

※〔支援金受付口座〕
郵便振替口座;00100-7-176339  
雁の里親友の会
「よみがえれシジュウカラガン募金」※


=問合せ先=
日本雁を保護する会会長 呉地正行     
son_goose@sky.plala.or.jp     
Fax 0228-32-2004

※詳しくは、昨日のブログの各リンクをクリックしてお読みください!!※
[PR]
by shoko2kotonoha | 2010-08-10 21:31

よみがえれ!シジュウカラガン!!

キャラバン隊で宮城県内をまわります!!
明日は出発式を若柳で行い、県の北を巡回。。
バタバタでヘルプの要請を戴いたのでスケジュールが良くわかりませんが(^^;)、
とりあえず明日明後日お手伝いしてきます。。(明後日は仙台かも。帰宅後情報アップします!)

4年前に渡り鳥の物語を朗読して沢山の出会いを戴きました。雁ちゃんたちには恩義がありますからね^^
微力ながら応援させていただこうと出かけてきます!!
飛べシジュウカラガン号」の車を見かけたら手を振ってくださいね^^
詳しくはこちらのブログ新聞記事をご覧ください。

皆様のご支援を宜しくお願いします!!
(なかなか分かりにくいと思いますので、本日録音してきた広報用のナレーション原稿を貼り付けますね^^)
f0232560_231116.jpg
よみがえれシジュウカラガン!日本の空へ!!

日本には、かつてシジュウカラガンの大群が飛来し、
ここ宮城の空を群れで飛ぶ姿が見られました。

しかし1930年代、
繁殖地の千島列島に毛皮を取る目的で放された
キツネに食べられ、野生の群れは絶滅してしまいました。

そこで、シジュウカラガンの群れを再び呼び戻すために、
ロシアと共同で、カムチャッカの繁殖施設で生まれた鳥を、
かつての繁殖地、北千島のエカルマ島にヘリコプターで
運んで放すという回復計画を行ってきました。

これまでに、12年間で465羽を放鳥。
飛来数は少しずつ増え、昨年度は89羽の群れが確認されるまでに回復した為、今年最後の放鳥を行い、約20年に及ぶ取り組みに終止符を打つことになりました。
2010年9月。最後の放鳥。

ロシアの繁殖施設から、放鳥を行うエカルマ島まで
シジュウカラガンをヘリコプターで運ぶ資金が不足している為、
皆様からの支援金を募集しております


シジュウカラガンが悠々と大空を舞う、
豊かな自然に恵まれた私たちのふるさと‥。。

「よみがえれシジュウカラガン募金」への協力をお願いいたします。
[PR]
by shoko2kotonoha | 2010-08-09 23:13

月夜の真葛(まくず)~はじめのご案内^^

立秋を過ぎたので、秋に向かって本格始動^^
9月23日(木・祝):満月の夜に企画した、「渡辺祥子月夜語り 月夜の真葛」(←クリック)

久々のオリジナル台本による、ひとり語りの舞台です。。
題材探しからかなり力を入れている作品です!!ぜひ応援くださいね^^

f0232560_9282353.jpgこちらが今回のポスターです^^
(チラシはこちら←をクリックしてごらんください)

江戸時代中期~後期をいきいきと生きた女性
只野真葛(本名綾子)

仙台藩の江戸詰めの医師・工藤平助の娘で、
のちに仙台藩の上級武士・只野行義と結婚し、
後半の人生を仙台で過ごした女流文学家です。

松島・塩竃・七ヶ浜などを綴った紀行文や、独自の人間論:独考(ひとりかんがえ)などを残しています。

あの滝沢馬琴を驚嘆させたことの驚くべき事ですが、
なんと!!9歳のときに世の女の手本となる」と言い、
人の益になることをしたいが、そのすべを知らずに大いに悩んだ~という事も、彼女にひかれた要因でした。


また成人してからの、経済至上主義を批判して自然の中に息づく真実をとらえたた視点など、
とてもとても心ひかれる女性なのです。。

こんな女性が仙台にいたなんて!
という興味の部分で、ぜひ真葛さんの世界に触れていただけたら嬉しいです!!!

現在日専連カードで、チケットプレゼント企画実施中です!!
ふるってご応募を!!!<こちら←をクリック!!>
[PR]
by shoko2kotonoha | 2010-08-08 09:46

小さな挑戦者たち^^

f0232560_19404241.jpg(先週の報告を^^)
仙台市教育委員会と市民グループで開催している
楽学プロジェクト

沢山の職業の中から自分の好きなコースを選び体験するプロジェクト。
毎年、‘アナウンサーの仕事’でお手伝いをしていますが、
今年も沢山のきらきらの瞳と出会いました。。

偶然なのですが、この日の前日は、
ヤマハさんで開催している、15歳以下の子供たちの自作の曲を自分で演奏をするというJOCハイライトコンサートの司会だったので、連日可能性のエネルギーに包まれました!!

それにしても、子供たちのパワーってほんとうにすごい!!!
なんの迷いもなく、そこに打ち込んでいく‥。。。

大人になると、無意識の中に躊躇が入るんですよね(^^;)
純真なエネルギーの中に二日間浸かって、かなり!リフレッシュした私でした。。

みんな!
一生懸命自分の人生を生きるんだよ~!!!!

と、祈るような気持ちで過ごした二日間でした^^
[PR]
by shoko2kotonoha | 2010-08-02 19:53