渡辺祥子 言の葉だより

kotonoha9.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

第六感!!!!?

先週の水曜日、TBCラジオ「橋幸夫明日へのエール」の公開録音が行われました。
昨年デビュー50年を迎えた大御所中の大御所・橋さんが、被災地を永続的に支援していきたい!
と、避難所慰問などに加えてスターとさせたのがこの番組。。

ボランティアや街づくりにいそしむゲストを迎えてのトークとなりました。
(私は公録進行の案内役をさせていただきました^^)

その中に、被災地に物資はもちろんマッサージやヘアーカットなど、
必要なものを届ける活動をしている団体の方がいらっしゃいました。

橋さんとのトークの中でその方がお話したことがとっても印象的でした。、
それは~

日々刻々と状況が変化する被災地で、必要な物もどんどん変わっていく。
でも、通い続けるうちに、今何が必要なのかが感覚で分かるようになったというのです。

第六感が働くようになったというか、
言葉が無くても相手が何を求めているかが分かるようになってきました。


第六感かぁ~。。

広辞苑で調べると、
理屈では説明のつかない、鋭く本質をつかむ心の働き」とありました!!

もちろん、インスピレーション・勘・直感・霊感だどの表現もあるのですが、
はじめに紹介した、‘理屈では説明のつかない、鋭く本質をつかむ心の働き’って表現
いいなぁと思いました^^

私たちって、他人とコミュニケーションをとる時に、無意識にこれを働かせていますよね。
被災地でのボランティアの方の体験のように、
言葉にしなくても分かるようなこともあるでしょうし、
言葉があったとしても、例えば会話が盛り上がるときなどは、
お互いがこの感覚を大いに働かせているときだと思うのです。
(相手が何を求めているかが無意識のうちに分かるからじつは会話が弾むわけで~^^)

空気が読めないとか、空回りしがちな時は、
相手が何を望んでいるかが見えない、この第六感が鈍っている時なんだろうな~
とつくづ思いました。(つまり視点が自分に向いているって事!?)

そう考えると、第六感を鍛えるひとつのポイントは、
被災地で被災者の必要なものを必死で探った方々のように、
相手の事をとことん思う!!!ということなのかもしれません。。

第六感を磨けば、コミュニケーションの幅藻広がるし、危機管理にもつながる…。。
そんな、一石二鳥のこころのエステ^^
しっかりやっていこう!!と誓った私でした!!!
[PR]
by shoko2kotonoha | 2011-09-25 22:45

言葉のちから。。

f0232560_904141.jpg震災からちょうど半年の、9月11日に立ち上がったオピニオンサイト
オピのおび」ふらっと弁論部

東北在住の17人の執筆者が日替わりで登場!
今日19日は私の番!原稿がアップされました♪<こちら←をクリック^^>

「オピのおび」は「オピニオンの帯」。
東北から発信した意見が、太い帯となって世界に広がっていくようにとの願いを込めて立ち上がったとのこと。

果たして私には何を発信できるか…
考えましたが、昔も今も、そして未来も、私には「言葉」しかない~
と言うことで、今回は知人の社長さんの言葉を紹介しました。

これからも、震災後に出合った言葉や、様々な気づきのエピソードをつづっていきます^^
(月二回くらいのペースでアップされるよう。
他の執筆者も魅力的な方ばかりですので、毎日チェックしてみてくださいね^^)

ちなみに、今朝配信の言の葉だよりで紹介した、宮古の漁師さんの言葉も迫力ありです!!
こちらもぜひお読みください!!<こちら←をクリック>

言葉に出会うたびに思います~やっぱりひとってすごい!!!!
[PR]
by shoko2kotonoha | 2011-09-19 09:12

忘れない。。共に生きる。。(震災半年に思う…)

2011年9月11日、
朝5時半に仙台の自宅を出て南三陸町へ。

5月から毎月11日ごとに通ったこの道。
今日は、慰霊祭の開催される日。
運転をしながら、これまでにもまして思いがこみ上げてくる自分を感じます。

会場に入ると、羽ばたいていく海鳥の翼をイメージした祭壇。
犠牲者への惜別の思いと、未来へ向けて羽ばたく南三陸町民一体となった心を表しています。
f0232560_225949.jpg

沢山の種類の白い花に、薄紫とブルーのさし色の花が、人々をやわらかく包み込んでくれます。

どう考えても現実とは認めがたいこの事実。けれども時の流れは、早く認めなさいと追い立ててくる…。
喪に服する時間を持つことが出来ない人々の心を思うと、苦しくて言葉もありません。

そんな中、ゆっくり時間と折り合いをつけながら一歩一歩進んでほしいとの願いが、やわらかな色合いの祭壇から伝わってきました。

このように、司会台に立って皆さんとご一緒して色々感じた事がありました。(批判を覚悟でそのまま表現させていただきます。2日悩みましたが、心の奥がどうしても伝えたいと騒ぐのです。。)

追悼の辞が終わり、遺族代表の献花が始まる頃~お亡くなりになった方々が、遺族の方にやさしく語りかけているイメージがわいてきたのです。
辛い思いをさせてごめん。ちゃんと見守っているから元気で生きてほしい。。
~むしろ残された方々を思いやっているような…。

勝手なイメージでごめんなさい。でもこの印象そのままが会場にあったと感じました。


~被災地で懸命に生きる方々のお話をさせていただく時、締めくくりにいつもお話しする事があります。

それは、津波に飲み込まれ土台しか残らなかった家々の庭に、春にスイセンなどの花が咲いたように、
土の中の種はどんな津波にも流されなかった。というお話(例え話)です。

私たちの心の中にも、そんな種があるのではないでしょうか…

ひとつは、希望の種。。
もうひとつは~思い出の種。。

どんなものにも奪えないもの…その種を大切に育てていきたいと思うのです。

メーテルリンクの「青い鳥」の中で、チルチルとミチルの、亡くなったおじいさんとおばあさんは、
思い出してくれるだけで、いつでもお前たちに会うことが出来る」と言いました。

長い長い時間がかかると思いますが、心の中で生き続ける、大切な人や共に過ごした時間の思い出を
、悲しいことではなく、宝物のように保管しておきたいと思うのです。

そう私たちは、沢山の方たちの思いと共に生きなければなりません。
いのちにいのちを重ねて生きる

決してひとりではない~何人ものいのちと共に、力強い一歩を踏み出していきたい!!~そう思います。
(沈んだときにも、共にあってくださいと祈りながら…。静かな力がわきあがってくるような気がします。)
[PR]
by shoko2kotonoha | 2011-09-13 22:35

月夜のお話会。。

あじさい寺としても知られる、北山の資福寺の小書院で
「渡辺祥子 月夜のお話会」開催!!
静かな環境の中でのアットホームな小さな集まりです^^
f0232560_2247826.jpg

心地よい風が吹く最高のコンディションですが、月が出ない~008.gif
いやいや、これはいつものパターン^^最後には必ず出てくれるはず!!!

~ということで、最後の最後に…「こんなん出ましたぁ003.gif
f0232560_22472345.jpg
よかったぁ042.gif
主催をして下さったまどかさん、
お集まり下さった皆さん、
ありがとうございました016.giff0232560_22474036.jpg
[PR]
by shoko2kotonoha | 2011-09-10 22:54

群馬県みどり市だより^^

5日(月)~7日(水)まで、群馬県みどり市に行ってきました^^
みどり市は、4年前に芝居小屋ながめ余興場で朗読コンサートを開いていただいて以来、大間々南小学校での40周年記念コンサート、大間々東中学校での立志の集いコンサートなど数々のご縁をいただいています。
また、星野富弘さんの作品を集めた美術館「富弘美術館」もあり、こちらでも2度ほど富弘さん作品の朗読コンサートをさせていただいたりと、ご縁の深く濃い場所になっています^^

f0232560_22353379.jpg

そんなみどり市の皆さんは、行政の方々はじめ、今このポロシャツやTシャツを着ていらっしゃいます。収益金が被災地復興の義捐金になるそうで、既に100万円が集まっているとか…ありがたいですね^^

私も皆さんの仲間入り!!!こちらで着せていただきますね^^



さて今回は、富弘美術館訪問と、市内の中学校3校での講和、大人の方々へのお話会と、盛りだくさんの3日間。ながめ余興場ペンションがるばも再訪出来、嬉しい再会も含めて楽しく充実した時間でした!!みなさん!ありがとうございました^^

f0232560_22482644.jpg
f0232560_22381565.jpg









不慮の事故で手足の自由を失った富弘さんの、はじめての本「愛、深き淵(ふち)より」が出版されて30年。
それを記念した企画展が今開催されています。

深い絶望の淵から這い上がり、今多くの方々に希望を与えている富弘さんの出発点ともいえるこの本の出版から30年の大きな節目が今年で、こうした展示が今この時に行われることに、大きな意味と、めぐりあわせの不思議を感じます


お話を聴いてくださった皆さん!!コーディネートをしてくださった皆さん、ありがとうございました^^
さらに頂いたご縁に心から感謝して~。。

f0232560_2251135.jpg













(写真は、大間々中学校でのものです^^その他大間々東中学校、東(あずま)中学校にお邪魔しました。。)
[PR]
by shoko2kotonoha | 2011-09-09 22:57

いのちの意味~Meaninng of Life~

中本誠司現代美術館にて~   
   語りと歌でつづる中本誠司のこころ「いのちの意味~Meaninng of Life~」
f0232560_2226476.jpg

心地よい時間を過ごさせていただきました^^ソプラノの勝又久美子ちゃんとは初共演♪いつもお世話になっているギターの佐藤正隆くんとの息も合っていました♪11年前、60歳で逝った中本誠司さんの思いに今を重ねて…。。飾られた作品も、ともに語ってくれました。。
f0232560_22274738.jpg

理事長の大内さん、館長の今野さん、大場さん他感性の素敵なアーティスト(スタッフ)の皆さん。
空間に身をゆだねて思い思いに楽しんでくださったお客様^^ありがとうございました。。
f0232560_22324360.jpg

[PR]
by shoko2kotonoha | 2011-09-04 22:41