渡辺祥子 言の葉だより

kotonoha9.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

=銀河鉄道の夜=朗読とピアノで奏でます♪

※お陰様で満席になりました(2月1日)※

あの震災から一年を間近に控え、
今だからこそ皆さんと分かち合いたい、賢治のこころ(言の葉)を朗読します!!

f0232560_2215543.jpg今こそ聴きたい、賢治からのメッセージ…

~朗読とピアノで綴る宮沢賢治の世界~  
   銀河鉄道の夜


出演:渡辺祥子(朗読) 稲垣達也(作曲&ピアノ)

2012年2月18日(土) 午後6時~
★ディナータイム(午後6時~)★ライブタイム(午後7時~)
料金:4,500円(ディナー・ワンドリンク付)要予約

僕もうあんな大きな闇の中だってこわくない。
どこまでもどこまでも僕たち一緒に進んで行こう
          (「銀河鉄道の夜」宮沢賢治より)


申込み:長町遊楽庵びすた~り 電話022-352-7651(月曜休み)
[PR]
by shoko2kotonoha | 2012-01-25 21:51

文士たちの魂がこもった展示室。。

f0232560_22172313.jpg仙台文学館の特別展
「文学と格差社会
   ~樋口一葉から中上健次まで~」

が21日スタート!!!


初日の展示終了後、展示室リーディング
「樋口一葉にごりえを読む」無事終了しました^^

一葉愛用の文机の傍らでの朗読は、震えが来るほどの緊張でしたが、まさに魂のこもった愛用品や直筆の原稿の展示物に囲まれての時間は、何とも言えない時間となりました。

朗読者にとって、朗読をする場というのはとても大切で、こうした場のスピリチュアリティ溢れる会場というのは、まさに!冥利に尽きる!!ありがたい機会です。

関係者の皆さんはもちろん、雪の中にもかかわらず来場くださり、同じ空間と時間を共にしてくださったお客様に心から感謝します。ありがとうございました!!

f0232560_21505234.jpg

さて、始まったばかりの企画展ですが、貴重な資料の数々がそろって、見ごたえがあるものになっています。

小池館長のあいさつ文は、「かつて『文士』ということばがあった。小説家や文学者のことを「文士」といっていた」と始まります。


困窮した生活の中で、高貴な精神に支えられた文士たち。
ただの文学者ではなく、「志」を持っていた人たち。

樋口一葉から中上健次まで、近代文学の百余年、「文」の力で社会と格闘してきた士たちの、
その「志」を体感しに出かけてみてはいかがでしょう。。

もう、ビシバシ伝わってきますよぉ~072.gif

3月20日までの開催です!!
[PR]
by shoko2kotonoha | 2012-01-22 22:17

ブラボー!真葛さん!!!

f0232560_22564929.gif今朝の新聞に載った、大学入試センター試験の国語の古文の問題

只野真葛の「真葛がはら」からの出展でした!

江戸期の仙台を輝いて生きた女流文学家。
地元でもあまり知られない真葛さんを知ってほしいと2年続けて語ったものの、自分の力不足を嘆くこともありました。
でも、やはり力のある文章はしっかりと残っていくのですね!

真葛さんが、この地をしっかり見守ってくれているようで…
とってもとっても嬉しい出来事でした!!!!

真葛さん!!ありがとう!!!!!
[PR]
by shoko2kotonoha | 2012-01-15 22:59

=1月の催し2件!申込受付中です!!=

=仙台文学館特別展開催会期中イベント=
展示室リーディング
樋口一葉「にごりえ」を読む
2012年1月21日(土) 午後5時15分~6時
仙台文学館展示室 
(展示観覧券でお聞きいただけます)


仙台文学館特別展 
文学と格差社会
~樋口一葉から中上健次まで~ 
1月21日(土)~3月20日(火・祝)
 観覧料:一般700円


★特別展開催当日のリーディングライブです。
閉館後の展示室で語られる、樋口一葉の世界。
はじめてのチャレンジとなりますが、口調やテンポなど、これまでに取り組んだことのない独特の世界に四苦八苦しながら準備を進めていますが、当時を力強く生きた市井の人々の息遣いが聞こえてくるようで、とても語りがいのある作品です。
ぜひ多くの皆さんにお聞きいただきたいと思っています。

★文学館での受け付けは終了しておりますので、お越しいただける方は、
フォーラム言の葉に直接お申し込みください。(定員になり次第締め切らせて頂きます)
メールアドレス kotonoha@club.email.ne.jp
電話 090-2889-3690

問い合わせ:仙台文学館(022-271-3020)

///////////////////////////////////////////////////////


東北黒沢工業(株)心の講習会
映画「1/4の奇跡~本当のことだから~」上映会

2012年1月28日(土)
午後1時半開演(1時開場=3時半閉会予定)
場所:戦災復興記念館記念ホール
=先着100名様ご招待=

※ナビゲーター 渡辺祥子※

養護学校教諭の山元加津子さんは、子どもたちとの交流を通じて、
「みんな理由があって生まれてきた大切な存在。そのままで素晴らしい存在なんだ」と確信し始めます。
そして、「病気や障害にも理由があって、とても大切なんだ」ということも。

あなたの命の鍵をそっとあける、愛に満ちたいのちの感動のドキュメンタリー


申込み・お問い合わせ 東北黒沢建設工業㈱ 担当:加藤
  電話022-288-5996  ファックス 022-288-9556
  メールアドレス info@kurosawa-kaitai.com
[PR]
by shoko2kotonoha | 2012-01-10 19:55

希望の年の成人式

f0232560_20174355.jpg平成24年仙台市成人式の司会をつとめて参りました^^

困難を乗り越えた先の、新しい年に成人式を迎える皆さんは、大きな役目を託された人たちなんだなぁと、目の前にずらりと並ぶ新成人の皆さんを眩しく見ていました。

奥山仙台市長も式辞で、若さは、力であり希望であると仰いましたが、まさにその通りだと思います。

その式典に先立った行われたプロローグで、ある文章を朗読しました。

東北大学大学院文学研究科在籍の留学生、ソン・チスさんが、震災後に発行された「地球はひとつ」という写真小冊子に寄せた言葉です。

震災からこれまでを振り返り、自分自身の中にうまれた、新たな思いや気づきの芽を感じながら読みました。

…………………

震災による地殻変動は、錆びつきかけていた人間社会のくさびを
大きく揺さぶりました。
古いカラを破って、新たな芽が生まれ始めています。
こんなにも人に逢いたいと祈ったことはありませんでした。
こんなにものを考え、心を動かしたことはありませんでした。
こんなに知らない者たちが身をよせ合ったこともありませんでした。
人どうし、村どうし、町どうし、国どうしの垣根を越えて、
こどもたちが大人になるまで、わたしたちはヒューマンライン
(人間のきずな)をもう一度結びつけていきたいと願っています。


・・・・・・・・・・・・・・・
被災地にうまれた希望の芽を、しっかり育てていきたいですね。。
[PR]
by shoko2kotonoha | 2012-01-09 20:26

喜びのスパイラル^^

本日配信の携帯版言の葉だより016.gif(←クリックしてお読みください^^)

=喜んでもらえる喜びを
喜べる人=


成人の日^^
子供も若者も成人も老人も(^^??)
こんな関係がどんどん広がっていったらよいなぁ024.gif
[PR]
by shoko2kotonoha | 2012-01-09 09:03

感謝の新年。。

2012年
新しい年を迎えました!!


本当に本当にありがたいことです^^

昨年を精一杯生きた自分に、はなまる016.gifをあげて^^
新しい一歩をゆっくりと着実に踏み出しましょう。。

必ず必ず…良い年になります!!ねっっ003.gif

今年もどうぞよろしくお願いします!!!024.gif
[PR]
by shoko2kotonoha | 2012-01-01 00:04