渡辺祥子 言の葉だより

kotonoha9.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

出逢い直し~童話「モモ」

f0232560_1116181.jpg先日投稿した、河北新報のサイト「オピのおび」のエッセイで童話「モモ」の中から、道路掃除婦のべっぽじいさんの言葉を引用しました。。

この言葉をよく引っ張り出していたのは10年近く前かもしれません。

震災後、次の一年を生きる自分を考えたときに、ふっと浮かんできたのです。。

本のチカラ、言葉のチカラを改めて実感しました!!

まだお読みいただいていない方は、こちらをクリック→してお読みください^^

再会というよりも、「出逢い直し」という表現を使いたくなるのは、それが必然であり、誰かの計らいのように思えるから…。。

人との出逢い直し、言葉との出逢い直し、すべての奇跡に感謝して~出逢いの旅を続けます!!!
[PR]
by shoko2kotonoha | 2012-03-26 11:22

ありがとうの詩朗読会。。

f0232560_103256.jpg3月18日(日)
ありがとうの詩朗読会が行われました。。

3月9日に発売された、「ありがとうの詩」詩集&楽曲集
ぎっしりと詰まった「ありがとう」の想いを、心を込めて語らせていただきました。。

ピアノの稲垣さんも、リハーサルのときから涙が止まりません。。

最優秀賞の5編そrぞれのありがとうの詩から、また新しい曲が生まれました。
やさしくあたたかい、ありがとうのメロディにのせて、想いを届けました。

また、当日は、稲垣さんが曲をつけて、李政美さんが歌った、♪ふるはなの詩を書いた、遠藤祥子さんも会場に来てくださいました。

歌の中に、(この地にまた花が咲いたら)花束にして、お礼に行くよ、待っていて~ありがとう♪という歌詞があるのですが、なんと、稲垣さんと私に、花束を持ってきてくださいました!!

もうもう、大感激でした!!ありがとうございました!!!

f0232560_10352510.jpg「ありがとうの詩」詩集&楽曲集は、書店で1050円で販売されています。

私は、この一年、お世話になった方々へ、こうして次の一年を迎えられます!!とのご報告を兼ねて送らせてもらっています。

ぜひ皆さんもお手に取ってみてください!!!
[PR]
by shoko2kotonoha | 2012-03-26 10:41

温かい想いに感謝^^

f0232560_1031288.jpg報告がこんなに遅くなってしまってごめんなさい(><)

3月17日(土)浜松にて、トークライブをさせていただきました。。

昨年の大震災後、被災地で懸命に生きる人たちの姿をお伝えして、被災地と支援者を結ぶ活動ができれば!との思いでスタートした「被災地の心を伝えるお話会」の輪が、こうして広がっています。

あしながママチャリティーイベントの実行委員の皆さんは、タイトル通り、ママたちが中心のグループ。
昨年の震災直後からチャリティーコンサートなどを催し、被災地支援を継続的に行ってくださっています。

今回のイベントでも、30万円を超える募金を受け付け、あしなが育英会へ寄付してくださるそうです。



静かだけれど強い想いが、遠く浜松の地から包み込むように広がっています。

そんな皆さんに心からの感謝をこめて、語らせていただきました!!
本当にありがとうございました。。

f0232560_10202821.jpgあしながママチャリティライブの会場を後にして向かったのが、グランドホテル浜松。。

こちらでは、ジェーアールジェー浜松代理店の方々が主催してくださる語りとピアノのライブです。

浜松在住の音楽療法士・野田奈津代さんのピアノは、優しく語りを包み込んでくれます。
日頃、クライアントに合わせて音を紡ぎだしてセラピーをしているなっちゃんなので、場を感じ、私の声や語りの気を感じながら音を作ってくれます。

語りながら私自身がセラピーを受けているよう…。。スペシャルなサポートに、安心して語らせていただきました。

また、主催者さんも、お客様もあったか~い方で、深いところで交流ができたような感動をいただきました。



ありがたいことに、10万円の義捐金をお預かりしました。
皆さんの想いと重なるような活動をされている、被災地の団体さんにお届けさせていただきます!!

浜松での素敵な出逢いに、幸せを実感しながら帰途につきました。。皆さん!!ありがとうございました!!
またお会いできますように!!!
[PR]
by shoko2kotonoha | 2012-03-26 10:30

「ありがとうの詩」発売と、朗読会のお知らせ。。

※先週の報告も含めて一気に5件アップしています。。この他の記事も、ぜひお読みくださいますように※
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「伝えられなかった想いを、どうにかして届けたい~」
そんな想いに応えてたちあがった、ありがとうの詩プロジェクト
※公式HPはこちら!!←クリック^^

3月9日に、詩集&楽曲集が発売になりました!![私の想いは、こちら(←クリック^^)に書きました!]
f0232560_0244698.jpg

現在、三越定禅寺通り館(旧141)1階光の広場(旧センターフォーラム^^;)で、作品のパネル展が行われています。(~20日まで

そして!そして!!18日日曜日午後1時から30分間。
最優秀賞作品などを朗読する、朗読会があります!!!


共演は、作曲家でピアニストの稲垣達也さん。。
皆さんと、ありがとうの想いを分かち合いたいと思います^^ぜひお越しください!お待ちしています♪♪♪
f0232560_0285548.jpg

[PR]
by shoko2kotonoha | 2012-03-15 00:29

3月11日~祈りの一日~

あの、東日本大震災から一年。
振り返れば、本当に重く苦しい一年でした。被災地に暮らす人間の一人として、甚大な被害を受けた方々の少しでもお役にたてれば、と精一杯の活動をしてきたつもりではありますが、いまこうして振り返ると、何もできていない自分に憤りを覚えます。

それでも、季節はめぐり、こうして時が流れていく…。。
また、ここから生きていくのだ。。そんな決意の中で、静かに祈りをささげた一日でした。

私は、震災前からご縁を戴いていた、南三陸町の追悼式で司会をさせていただきました。

高く飛び立つ海鳥の、翼を大きく広げたイメージの祭壇。
その翼に心をあわせていたら…空から私たちを優しく見守るまなざしを感じました。

「どうぞ、あたたかく見守ってください。どうぞこれから、私たちとともに生きてください。。」
無意識のうちに心の中でそう言っている自分がいました。

この日の祈りは、生涯忘れることはないでしょう。そして、この日感じた温かいまなざしを、いつもどこかで感じながら、日々手を合わせながら、この一年を送らせていただきます。
f0232560_23525056.jpg

[PR]
by shoko2kotonoha | 2012-03-15 00:11

岩国のみなさん!お世話になりました!!

昨年5月の出逢いが、こうした広がりになりました。
山口県宇部市で講演をさせていただいた時、同じ山口県岩国市でもご縁を戴き、その際に立ち寄らせていただいたひとつに、岩国ロータリークラブさんがありました。

ほんの30分の卓話の時間でしたが、その後交流が続き、昨年は、津波被害を受けた、荒浜の農家の方々が取り組む、綿花栽培プロジェクトに支援を戴くなど、ありがたい交流が続いていました。

そして、このたび、その支援をさらに継続していこうと、地域のロータリークラブさんが連携して行うインターシティーミーティングなる集まりにお呼びいただき、基調講演をさせていただくことになりました。
f0232560_23512887.jpg

ミーティングのテーマが復興支援であり、これまでも様々な支援をしてくださった皆様方が、さらに今後いかに継続していくかを真剣に話し合ってくださいました。

こうして各地を歩かせていただき、支援の輪を目の当たりにするにつけ、被災地で生きる人間の一人として、大きな責任を感じます。
今の私の立場でできることの、最大限の働きをさせていただこう!!そう誓って、会場を後にしました。

みなさん!!ありがとうございました!!今後とも、どうぞよろしくお願いいたします!!!
[PR]
by shoko2kotonoha | 2012-03-14 23:48

山口・宇部市での再会&出逢い。。

嵯峨野さんでの公演を終え向かったのは、山口県の宇部市。。
ここは、昨年5月20日にスタートした、「被災地の心を伝えるお話会」始まりの地
その後全国40か所以上をまわらせていただきましたが、ここ宇部でのご縁は、今では、地元紙の宇部日報さんで、「被災地からのメッセージ」コラムを連載させていただくなど、しっかりとつながっています。

宇部日報さんにご挨拶に伺いまして、昨年3月の大震災直後の新聞紙面を拝見しました。
なんと、一面いっぱいに支援金を持参くださった方のお名前が!!今現在宇部日報さんに届けられた義捐金は、3億を超しているそうで、こうして被災地に想いを寄せてくださっている方々の存在を改めて実感し、胸が熱くなりました。

そして、さらに感激することがありました!!
それは、昨年6月に講演で伺った、宇部市立新川小学校6年生の皆さんからのプレゼントです。
土曜日で学校はお休みでしたが、先生が宿泊先まで届けてくださったのです。。
f0232560_23265852.jpg

大感激です!!大切にします^^みんな、ほんとうにありがとう!!!

そして、もうひとつ!!先生が、教室の後ろの黒板の写真を撮ってきてくださいました!!
なんと!私のコーナーができているではありませんか!!毎回私のコラムが新聞に載ると、こどもたちが切り抜いて持ってきてくれるのだそう。。
f0232560_23303268.jpg

イラストもかわいくって!超嬉しい(笑)
そして、イラストのそばには、講演でお話しした相田みつをさんの言葉「分け合えばあまる」
また、長方形のブロックのようなものが周辺にいくつも描かれていますが、ここには「ガス」と書かれています。
きゃぁ~!ガスボンベだぁ!!そうそう、震災の翌日、ガスボンベを一本あげたら、巡り巡って一か月後には私のところに12本もガスボンベが集まってきた、ガスボンベ長者(^^;)の話…覚えていてくれたのね^^

もうもう、元気100倍になりました!!
来週月曜日に卒業式ですね!!卒業おめでとうございます!!みんなの優しさ、いつまでも覚えているよ^^
そして、いつかまた元気で会おうね!!本当に、本当にありがとう!!!
[PR]
by shoko2kotonoha | 2012-03-14 23:38

「源氏語り」~博多・料亭嵯峨野

3月8日。。思い出深い一日となりました。
博多にあります、料亭「嵯峨野」さんで、源氏語り~朧月夜の君~を開催していただきました。

昨年新築オープンした、純日本建築の佇まい。。
先代の志を継いだ、大女将と若女将の想いが至る所に感じられます。
f0232560_22443761.jpg

場のスピリットを存分に戴ける会場です。この大広間は、メインの柱が秋田杉。その他は、八戸の山奥から切り出したものだそうで、若女将も現場に足を運んだのだそうです。

一本の木からなる、9メートルのかもいなど、現代の建物で見ることはなかなか出来ないのではないでしょうか。八戸から棟梁以下職人さんたちが泊まり込み、地元の職人さんたちと心合わせをして創り上げた、奇跡の建築です!!
f0232560_22542364.jpg

お客様も、とても素敵な方ばかりで、幸せなひと時を過ごすことができました。
ご縁を大切に、私も、日本文化を大切に伝えてい来たいと思います。
また、この素晴らしい場所で、皆様と交流させていただけますように^^ありがとうございました!!!
f0232560_22594666.jpg

[PR]
by shoko2kotonoha | 2012-03-14 23:02

いのちを守る森の防潮堤。。

ここしばらく、ブログをずっとお休みしていました。。
実は…鬼のかく乱??
先週の水曜日あたりから高熱が出て、インフルエンザではないとの診断だったので仕事は休みませんでしたが、それ以外のことがストップしたままでした~(><)

~ということで、ここ一週間ほどの報告を駆け足で~^^
6件アップしてありますので、お時間のある時眺めてくださいませ♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

f0232560_23174536.jpg新しい、エコロジカルな防潮堤の提案^^

海岸沿いに、被災現場の廃材などを有効利用した高い盛土を築き、その上に、深く根を張るタブの木やカシ類からなる多様な森を創るという取り組みです。。

提唱者の宮脇昭先生は、国際生態学センター長で、世界各地1700か所以上で植樹指導をし、4000万本以上の木を植えているスペシャリスト。

案内VTRなどのナレーションや、前日の懇親会などの司会を通してお話を伺っても、何一つ悪いことはないのに、なぜこういう提案がすぐに受け入れられないのでしょう…。。。

何億という焼却炉を作り、Co2を排出して処理をしたり、コンクリートで沿岸部を固めるなど、時代錯誤もはなはだしいのでは???

むしろ、廃材を有効活用でき、しかも防潮堤として森が誕生するなんて!!まさに、新しい時代の取り組みではないかと思うのですが、どうして~?????

プロジェクトに取り組む皆さんの信念が、重い岩を動かすことを信じて、私なりの応援をしていきます!!!
(まずは方々で、なぜ?なぜ??を言いまくります^^;)
[PR]
by shoko2kotonoha | 2012-03-05 23:27

桜3.11プロジェクト。。

3月2日、七ヶ浜に向かいました。
この日、七ヶ浜町立汐見小学校で、桜の植樹が行われるということで、セレモニーの司会のお手伝いをするためです^^

「桜3.11プロジェクト」と銘打ったこの取り組みは、津波が学校ギリギリまで押し寄せた、東北4県の学校の校庭に桜を植樹し、後世まで津波の記憶を伝えていこう、そして、花が咲くたびに、そこに想いを寄せ合おう、との趣旨で、10年規模のプロジェクトで、今回がそのスタートになるそうです。

f0232560_23125798.jpg
f0232560_23131298.jpg














汐見小学校6年生の皆で植樹!!
最後はさくら色の風船を空にリリース!!!

この木に花が咲くたびに、子供たちの心にも花が咲きますように…。。
[PR]
by shoko2kotonoha | 2012-03-05 23:14