渡辺祥子 言の葉だより

kotonoha9.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

言の葉発信!!ブログのみの読者の方にも共有いただきたく…^^

2件分シェアいたします!!携帯メールやFBでチェックされなかった方、お読みいただけたら幸いです016.gif

今週月曜日配信の、携帯メルマガ「言の葉だより」(←クリック!!)
思わず笑顔になる、多良間島の子どもの標語をブログでもシェア^^
f0232560_9322982.jpg

また、本日アップになりました、河北新報のオピニオンサイト「オピのおび」(←クリック!!)

先週お邪魔した、福島県川内村の野球大会の模様を取り上げています!!
65年前、敗戦後の混乱の中から立ち上がった先人たちの想いをつないで、力強い一歩を踏み出している方々がいます!!お読みいただき、ともにエールを送っていただければ嬉しいです!!!
f0232560_9231110.jpg
f0232560_9232838.jpg

f0232560_9242274.jpg

[PR]
by shoko2kotonoha | 2012-08-23 09:27

南三陸町きりこ祭[8月25日~9月11日]

南三陸 福幸きりこ祭
=白い紙で彩るみんなの記憶=

2012年8月25日(土)〜9月11日(火)
 

※詳細はこちら(←クリック!!)をご覧下さい!!  

f0232560_2230172.jpg※写真は、震災前の2010年にきりこプロジェクトが実施された際のものです※     

町の人たちの物語が、「きりこ」となって飾られます!!

白い切り紙は、今を生きている町の人たちの証そのものです。
仮設商店街やその周辺エリアに展示してある「きりこ」、
そして、海にむけて掲げられた「大型きりこ」をご覧いただきながらを、
町の人たちの物語を共有してください!!

f0232560_22245233.jpg特別イベント:白い紙で彩る朗読会
8月25日(土)  
17時50分~18時30分
会場:南三陸さん商店街特設ステージ

入場無料

~白い紙で彩られた町のみなさんの物語を朗読する夏の夕べ。
かつての町並みも暗くなり次第、映写します。

出演/渡辺祥子 佐藤正隆

f0232560_22351164.jpg
特別イベント:南三陸の海に思いを届けよう
9月11日(火) 14:45〜15:30
会場:南三陸町志津川五日町周辺


震災から1年6ヵ月が経つこの日。
南三陸の海に向けて、流失した町から音楽を奏でます。
五日町周辺に巨大な「きりこ」も、海に向けて思いを届けます。

出演/鈴木美紀子 佐藤正隆 渡辺祥子


ぜひ皆さん!!お出かけください!!!!!
[PR]
by shoko2kotonoha | 2012-08-16 22:31

言の葉レポート[板橋興宗禅師]

f0232560_15324952.jpg月曜日配信の携帯メルマガ「言の葉だより」で取り上げた、板橋興宗禅師の言葉。携帯用のスペースでは書ききれなかった部分をこちらでご紹介します^^

=考えすぎるから
幸せが
逃げていくのです=


板橋興宗氏
元曹洞宗管長・大本山總持寺貫首
 (宮城県多賀城出身)

写真は、震災後に出版された
「息身佛(そくしんぶつ)~ただ、息をする。ただ、生きる。」(角川SSC新書)
この帯にある、ちょっとドキッとする言の葉を取り上げました!!

今月初めに頂いた板橋興宗禅師との対談というありがたい機会。
今年85歳になるとは思えない程かくしゃくとされていて…
全てを受け入れるような大らかなお人柄にふれ、本当に大きな方だなぁと、感激しました。

板橋禅師は、曹洞宗のトップにのぼりつめ、その位に生涯ついていることが出来たのにもかかわらず、
出家の時の志を忘れたくないと、わずか4年でその立場を退き、
瑩山禅師御誕生寺を福井県越前市につくられ、修行僧とともにお勤めに励まれています。
f0232560_15291380.jpg


貫首様時代も、おつきの、いわゆるカバン持ちさんを駅でまいて、一人で会場までいらした(笑)などのエピソードをお持ちの板橋禅師。

よく、偉くなると人が変わる人の話を聞きますが、こういう方もいらっしゃるんだなぁ、と嬉しくなるとともに、本物とはこういう人のことを言うのだろうとも思いました、

私が20年来尊敬している鍵山秀三郎さん(イエローハット創業者、日本を美しくする会相談役)も、どこまで頭を下げても相談役より下に行かない程(笑)、態度のみならず精神的にも下座の姿勢を地で行っている方ですが、こういう方々の存在を知っているのと知らないのとでは、人生大きく違ってくるなぁとつくづく思います。

少なくとも私は、お会いしてなければ、どこまでも鼻高々に勘違いしてしまうタイプの人間だったと思います(お恥ずかしいっっ^^;)

f0232560_1531232.jpg

板橋禅師は、「人間は、言葉を持ち始めたゆえに悩むようになった」とおっしゃり、
言葉をつなげていくことの危うさ」をお話し下さいました。

そしてその対応策として、メルマガにも書いたように、
頭の中に言葉が浮かんできても、スペースシャトルの中を浮遊する宇宙飛行士のごとく、ただそこに浮かせておきなさい」とおっしゃったのです。

確かに、論文や企画、ワクワクするような事の計画など、言葉をつないで生産的、健康的に発展していく事は、例え生みの苦しみ悩みを伴ってもどんどんしていく必要があると思いますが、私などは、非生産的&不健康な方につないでしまう傾向があります。

例えば、ちょっとカチンとくるような一言を言われたとします。
ただそこに浮かせておけばそれでいいのでしょうが、それを~

「なぜあの人はそんなことを言うのだろう→何か気に障る事をしてしまったのではないか→きっと自分は嫌われているに違いない→もうあそこには行かない方がいいかもしれない→行かなくなったら周りの人はなんと言うだろう→もしかしたらあの人だけではなく、あの人もこの人も、私の事をわるくいっているのではないか…」など、つながるつながる~(笑)

そして、メルマガにも書きましたが、この言葉も大切に心に刻みたいですね。

言葉は「言刃(ことば)」にもなる
ぐちぐち言い続ける事で、今この瞬間を生きている大切な命を、言葉の刃(やいば)で傷つけてしまうのです

言葉は相手のみならず自分をも傷つける刃になる…。
悩みを勝手に深くしている事もまた、自分を傷つけているのだ!と、改めて目を開かされました。

より良い言葉との付き合い方…
しっかり実践していきたいですね!!!
[PR]
by shoko2kotonoha | 2012-08-14 15:39

大衡村の新名所!「万葉おおひら館」11日(土)オープン!!

f0232560_22315763.jpg大衡村に、農産物展示販売所「万葉おおひら館」がオープンします!!

オープニングのセレモニーの司会の為、打ち合わせで一足早く訪問^^
オープンに向けて大わらわの準備が進められていました。

当日はここに地元農家の方々のつくった新鮮な野菜が並ぶわけですが、その他にも近隣市町村の目玉商品や、ユニークな商品が沢山揃っています!!

いずれ牛タン焼きそばなども登場するかも!!なんて情報もあり、かな~り楽しいスポットになりそう!!

そうそう、地産地消にこだわった品揃えということで~トヨタの車も展示されるとか(確かに地産…^^)

さて、ほんの少しの時間しか見られなかったのですが、陳列作業が進んでいる中で目にとまったものをほんの少し紹介しましょう♪♪♪

牛タンとドライフルーツをお酒で煮込んで作ったという、
牛タンロール牛タンタルトは話題を集めそう!!
f0232560_22372448.jpg米粉とお酒の酵母をつかった美味しいパン!!
f0232560_22443185.jpg

この糀ドリンク(甘酒)は、
クロワッサンなど著名な雑誌で取り上げられている逸品^^
f0232560_22492827.jpg
近隣市町村のコーナーの中には
南三陸町のブースも!!
f0232560_2252137.jpg
11日(土)10時オープン!!ぜひお出かけください!!!!
[PR]
by shoko2kotonoha | 2012-08-09 22:54

言の葉レポート♪

最近ブログの更新が滞っていて…
気軽なFaceBookに流れている自分がいます。。(ごめんなさい><)

でも、日々蓄積されている珠玉の言の葉レポートはFBではできませんものね。。
心を入れ替えて、先月訪問した、岩手県北上市での言の葉との出逢いをお届けします!!!

仙台文学館友の会の見学会で訪問した「サトウハチロー記念館」と「現代詩歌文学館」
どちらも始めてでしたが、とても充実した展示内容で、心から感激しました!

また、懐かしい北上川(私は北上川の流れる小さな町の生まれです^^)上流の町でもある北上市は、どこか懐かしく、自然環境や景観に恵まれた中に文学の香り漂うなんて素敵~!と、すっかりとりこになってしまいました^^。。

f0232560_207565.jpg


















りんごの唄、長崎の鐘、ちいさい秋みつけた他数々の名作を世に送り出したサトウハチロー
その一方で、破天荒な生き様もまた魅力でもあり、様々なエピソードが秀作とともに披露される記念館は、深く感じ入る時間と、くすっと笑ったり、痛快に笑い飛ばしたりの時間がまじりあう、とても楽しい空間でした。
素晴らしい才能が、この北上の地に大切に守られていることを嬉しく思いました。

その中で出逢ったこの詩は、震災を体験経た今、更に多くの方々の心に響くのではないでしょうか。

「ふるさとに生きる ふるさとを生かす」
                  サトウハチロー

ふるさとに生きる ふるさとを生かす
ふるさとをよく知り ふるさとを語り合う

舌ざわりのよい ふるさと
肌ざわりのやわらかい ふるさと
言葉がヒフの毛穴からしみこむ ふるさと
同じ子守唄が どこの家からもきこえる ふるさと


=中略=

だが ふるさとに甘えるなかれ
ふるさとはやさしく きびしく
ふるさとはなつかしく 悲しい
ふるさとには いつも うれしさと涙がある


=中略=

ふるさとをよく知り ふるさとと語り合い
ふるさとに生きる ふるさとを生かす


f0232560_2072147.jpg次に訪ねたのは
日本現代詩歌文学館

わが国の詩歌資料を、有名無名に関わらず収集保存していく、全国でも類を見ない文学館。
現在こちらでは、「未来からの声が聴こえる~2011.3.11と詩歌」と題した常設展が開催されています。(来年3月まで)

企画にあたっては、被災地に住む作家や、文学館ゆかりの作家に声をかけ、その呼びかけにこたえたかたちで寄せられた作品が展示されていました。

学芸員さんの、「中には沈黙を選んだ作家さんもいらっしゃいました。そういう思いも含めて鑑賞ください」とおっしゃった言葉が胸に残っています。

俳句、川柳、和歌、詩歌など、どの作品も胸に迫ってくる迫力がありました。
また、心が慰められる作品も…

俳人の西村和子さんの作品

言の葉の
非力なれども
花便り


作品に添えられたコメントにこんな言葉がありました。

~俳句に何ほどのことができるか、自問をくりかえした一年だった。
言葉は非力だけれど無力ではないと気づいた時、東京では桜が蕾はじめた。
せめてもうじき桜が咲くよと伝えたかった…(後略)

やさしく寄り添う感性に触れ、こみ上げてくるものがありました。

わずか数時間の旅でしたが。素晴らしい言の葉たちとの出逢いがありました。。
このほかにも、北上市はもちろん近隣の花巻市には、宮沢賢治記念館や高村(光太郎)記念館も^^
ぜひみなさん!きたかみ文学散歩をおすすめします!!!
[PR]
by shoko2kotonoha | 2012-08-06 20:56