渡辺祥子 言の葉だより

kotonoha9.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

3.11大震災メモリアルイベント

3.11大震災メモリアルイベント
【伝えよう ありがとう そして新たな一歩へ】

日時/2013年3月11日(月)開場18:00 開演18:30~20:40(予定)
開場/東京エレクトロンホール宮城

▶第一部◀「ありがとうの詩」朗読
和合亮一/山寺宏一/渡辺祥子

▶第二部◀メモリアルコンサート
加藤登紀子withみちの空
畠山美由紀

主催/宮城県 河北新報 宮城県民会館管理運営共同企業体
入場/無料(招待券が必要です)
f0232560_158477.jpg

入場整理券の申し込み締め切りが3月4日と迫りましたので、再投稿しました^^
是非皆さんと心ひとつに時を過ごしたいと思います。

この日私は、日中南三陸町の追悼式にて司会を務め、夜こちらの会場に移動します。
心を静かに…その日を迎え、その日を送りたいと思います。

応募先/河北新報社営業部「3.11大震災メモリアルイベント」係
▶はがき 〒980-8660(住所記入不要)
▶FAX  022-227-0923(※係名は必ず記入してください)
▶Eメール oubo@po.kahoku.co.jp(※係名は必ず記入してください)

お申し込み締め切り2013.3.4(月)必着

【お問い合わせ】
河北新報社営業部 TEL022-211-1413(平日10:00~17:00)
[PR]
by shoko2kotonoha | 2013-02-28 15:10

日本回文コンテスト・交流大会!!!

f0232560_1958342.jpg
日本ことば遊び「第15回 回文コンテスト・交流大会」に、今年も審査員で参加させていただきました^^(回文=上から読んでも下から読んでも同字・同文になる詞句)

幕末の仙台に、その名を江戸まで馳せたという「廻文師・仙代庵」(1796~1869)がいました。
その代表作に、作並を詠んだ回文があった事と、なんと!作並温泉開湯の年に仙代庵は生まれた等の深~い縁があり、作並温泉を回文の里にしよう!と、こうした取り組みが行われています。<詳しくはこちらのHPで!!(クリック^^→)>

今回も、う~んと唸ったり、ぷっと吹き出したり^^;
力作ばかりで、審査もかなり苦しみました!!

今年も素晴らしい作品が続出でしたが、その中から、最優秀作品をご紹介しましょう♪

「→中村座 名は伝統と 屋号言う 小屋尊んで 花去らむかな←」
(→なかむらざ なはでんとうと やごういう こやとうとんで はなさらむかな←)

千葉県の小池政光さんの作品!!すごいですよね~♪♪♪
今回の優秀作品はまもなくHPにアップされると思いますので、ぜひお読みになって唸ってください^^     

それにしても…
回文は、美的センスや文化的要素は勿論ですが、ユーモア性や自由な発想など、本当に豊かな言葉遊びの極みのような気がします。。

今回も地元作並小学校の子供たちが参加してくれましたが、子どもの頃からこういう遊びをやっていたら、感性が育つだろうなぁ…と思いました。。

また、当日課題が出された部門では、[復興、青葉、梅]の3題が出されましたが、私はギブアップ(><)

最優秀賞は、仙台の荒井正生さん
「→寒梅酔いしれ 植えた梅の下でめでたし。飲め歌え。うれしい よい晩か←」
(→かんばいよいしれ うえたうめのしたでめでたし。 のめうたえ。うれしいよいばんか←)

いやはやいやはや…^^;

審査員お一人、吉岡哲也先生が、「俳句や川柳は‘詠む’(川柳は、‘吐く’とも言うそうです)というけれど、回文は、‘練る’ですね!!」と仰いましたが、まさにその通り!!

私も頭の体操かたがた、少しずつ練って練って…来年は短くても一作品提出!のお遊びが出来たらいいな^^
ぜひ皆さんも、チャレンジしてみてください!!!024.gif
[PR]
by shoko2kotonoha | 2013-02-24 19:56

身体も心も温もるお届け物^^

雪深い、北海道岩見沢から~
おばあちゃまたち(「温もり届け隊」の皆さん)の手編みの靴下カバーがどっさり届きました!!
暦の上では春とは言え、まだまだ寒さ厳しい東北。。
とっても丁寧に編んであって…私の心まで温もりました^^
仙台市内の仮設住宅の方へお届けさせていただきます!!!

(岩見沢とつないでくださったのは、昨年伊東での講演時に出逢った、埼玉の一歩会の安齋さん。仮設住宅の方々をつないでくださったのは、一昨年佐賀の友人の紹介で知り合った、仙台のi-くさのねプロジェクトの砂子さん~つながりって凄いですね!!ご縁の輪は限りなく広がります016.gifありがたいことです^^感謝。。)

温もり届けたいの皆さん!!!ありがとうございました!!!!!
f0232560_16183355.jpg

[PR]
by shoko2kotonoha | 2013-02-22 16:29

自分を超える…その先の幸せ…~飯森範親さんのお話から感じたこと。。

この前のブログで紹介しました、
山形交響楽団音楽監督・飯森範親さんの講演会が本日行われました!!
司会をさせていただきながらお話を伺って、
「素晴らしいお仕事をされている方は、やっぱりこうなんだ!!」と納得しまくりでしたよ~^^;

東京交響楽団の正指揮者をはじめ、ドイツのオーケストラの音楽総監督も務めるなど、
国内外で幅広い活躍をされている飯森さん。
山響との縁は、2004年シーズンから。それ以来、ものすごい改革をされ、
資料によると、観客層動員数180%超の奇跡を達成!
(ご本人に伺ったら、今はもっといっているかも…ですって!!!)

交換させて戴いた、山響音楽監督の名刺には、
「食と温泉の国のオーケストラ」のキャッチコピーが♪
これも、飯森さんが考えたようなのですが、すごくイイですよね^^

ベタだし、オーケストラと温泉なんて超ミスマッチなんだけど(スミマセン^^;)、
でも実はものすごくアイデンティティが感じられ、
「都会人よ!君たちの所には無いだろう!この豊かさは!!(笑)」的な
地方の誇りと、ちょっとのテレとウィットも感じられて、一目でお気に入りになっちゃいました!!

そんな、飯森さん率いる山響はもちろん、
国内トップクラスのオーケストラ東京交響楽団の、
トコトンお客様を喜ばせようとする取り組みの様子を、超感心しながら伺って、
「やっぱり!!!」と思ったことがありました。

何か事を成し遂げている人共通の、「自分を超えたところで動く」というところを、
飯森さんからも感じました。。

もちろんそういう方は、今自分のやるべきことに集中して、
心から楽しんで、燃えて取り組んでいるのは基本なのですが、
それだけでなく、その、やっていることが、その人個人の目的(単なる自己実現)ではないということ。

その、やっていることのその先に、
必ず誰かの笑顔(家族の笑顔から、この星の未来まで…)があるように思う
んです。。

それは副産物のように見えるけど、
自己完結している人にはその副産物はやってこない…というか、気付かないのではないでしょうか。

時代は、昔々の自己犠牲から自己実現へ移行し、
そしていよいよ自己超越の時が来ているんだなぁと、
飯森さんのお話を聞きながら、つくづく思いました。

~でもそれって、かつての近江商人の、三方良し「売り手良し、買い手良し、世間良し」の精神
でもあるんですよね。。
日本人って素晴らしい!!と、勝手にこじつけて、感激しておりました!!

「自分を超える」…今年の私の大きなテーマです^^


では最後に、今日飯森さんがはじめにお話しされた、
大切にしていることのキーワードを、ご紹介しますね^^(アバウトですが)…^^;

①ひらめきを大切に
②ひらめいたら即行動!(実際にそれに取り掛からなくても、種まきをする)
③イイと思ったら、トコトンほれこめ
④時間を創るのも才能のうち
⑤行動力、活力、アイディアの元となるような人との出逢いを大切に
⑥同じ方向を向いた、前向きな仲間を集める(そうでない人をそう仕向けていくリーダーシップも含めて…)

さぁ!!!
もうじき雪解け^^
♪~重いコート脱いで!出かけませんか!!(ふるっ^^;)精神で、喜んで!参りましょう!!!^^

[PR]
by shoko2kotonoha | 2013-02-19 00:14

イベント情報②[飯森範親氏講演会&ミニコンサート]

f0232560_19352627.jpg=宮城県文化振興財団設立20周年記念講演会=
飯森範親氏講演会&ミニコンサート


平成25年2月 18日(月)
開場13:30開演14:00

会場;東京エレクトロンホール宮城大ホール
入場無料(全席自由:当日先着順)

*山形交響楽団音楽監督の飯森範親氏による講演と、飯森氏が音楽監督を務める山形交響楽団メンバーによる、金管五重奏のミニコンサート*

司会;渡辺祥子(言の葉アーティスト)

問い合わせ:東京エレクトロンホール宮城TEL022-225-8641
詳細は、こちらをクリックしてください
[PR]
by shoko2kotonoha | 2013-02-05 19:36

イベント情報①[源氏物語を楽しむ]

ライブ文学館vol.11
源氏物語を楽しむ

世界に誇る日本の代表的文学作品『源氏物語』の世界を、十二単の着付けのデモンストレーションと、元NHKアナウンサー・加賀美幸子さんのお話と原文朗読でお楽しみいただきます。

日時:2013年2月8日(金) 開場13:00 開演13:30
会場:仙台市青年文化センター シアターホール
入場料/全席指定 2,500円 ※未就学児の入場はご遠慮ください。

【第1部】 十二単の着付と笙の演奏
解 説 : 尾形 容子 (財)民族衣装文化普及協会東北支部長
司 会 : 渡辺 祥子 フリーアナウンサー
演 奏 : 笙YUU

[第2部] 『源氏物語』お話と朗読
出 演 : 加賀美幸子  アナウンサー

[お問い合わせ] 仙台文学館 ℡022-271-3020
詳しくは、こちらをクリックしてください⇒ 
f0232560_19424615.jpg

[PR]
by shoko2kotonoha | 2013-02-05 19:30