渡辺祥子 言の葉だより

kotonoha9.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

3.11 時のイコン(相田みつを美術館にて…)

花冷えの東京で迎えた朝…。。
昨日は、相田みつを美術館閉館後、スタッフの皆さんと接客に役立つボイストレーニングの時間を。。
このようにスタッフのコミュニケーション教育に力を入れている美術館はめずらしいのではないでしょうか。。
ここは、私にとって、いち顧客として10年来ことあるごとに足を運んできた大切な場所…。
そこで、いつも心地よくお迎えくださるスタッフの皆さんと、さらに良い空間づくりの為にご一緒出来ることは、本当に嬉しいことです^^
f0232560_2227517.jpgさて、その相田美術館で現在併催されている、
六田知弘さんの写真展
「3.11時のイコン~東日本大震災の記憶」

胸にビシバシくるものがありました!!
被災地で見つけたモノを、持参した白い紙の上に置いて撮った「モノの記憶」…

六田さんは、より鮮明にそのモノの声を聞くために、白い紙の上にモノを載せて撮り、その声を記録し、伝えることがご自身の仕事だと考えたと仰っています。

現状を記録し伝えることも報道の重要な要素だが、軋み続ける現実から逃げることなく、よく見聞きし、身をもって感じ取ることが、自分の今なすべきところではないかとも…

写真を通して、その思いが良く伝わってきました。。
そしてそれは、この2年間、ずっと苦悩しながら自分のなすべきことを模索してきた私の感覚と近いような気がして…
傍らに存在するひとりの人間として、目をそらさずに感じ続けること、考え続けることの大切さを、写真が強く強く、教えてくれました。。

六田さんは、美術館の相田館長の大学時代の同級生なのだそう。
素晴らしい写真展を開いていただき、心から感謝いたします!!
この写真展は、残念ながら3月31日までですが、お近くの方や、偶然今週末に上京される方など、ぜひ足を運ばれることを勧めします!!!
[PR]
by shoko2kotonoha | 2013-03-27 22:31

七ヶ浜にお伺いします!!(講演会のご案内)

年度末のお忙しいときかとは思いますが、ぜひご参加くださいませ!!!

平成24年度
七ヶ浜町生涯学習推進のつどい


=基調講演=


こころぬくもる朗読とお話し
「いのちの言の葉」
~美しい日本語に載せて~


講師:渡辺祥子(言の葉アーティスト)

3月30日(土)
午後1時半~3時(受付開始:午後1時)
七ヶ浜中央公民館2階 大会議室
<参加無料>


=東日本大震災からの復旧・復興を進めていく中で、
朗読が心に与える影響(セラピー効果)に注目し、
心癒し、力を与える言葉による講演会を開催いたします。
是非皆様、お誘いあわせの上、ご参加ください。=

お問い合わせ
七ヶ浜生涯学習課 022-357-3302

[PR]
by shoko2kotonoha | 2013-03-22 18:40

輝かしい未来に向かって!!!

f0232560_16474018.jpg3月16日、仙台市立東六郷小学校の卒業式が行われました。。
東日本大震災後、校舎が使えず、六郷中学校を間借りして学んできた彼らですが、一人一人、力強く感謝と夢を語りました。

東六郷小学校には、震災後の2一昨年の夏に、お話と絵本を届けにおじゃまし、昨年は6年生と夢を語る授業をご一緒しました。。
そんなご縁もあり、前にこのブログでも紹介している、山口県宇部市の新川小学校の子どもたちが、お年玉を持ち寄って集めた募金は、東六郷小にお届けさせていただきました!!

それにしても…
11人の子どもたち、本当に立派でした!!
みんな、一緒に力を合わせて過ごしてきた日々を思い起こして感極まったのでしょう。
涙で顔がぐしゃぐしゃ。。
父母も来賓も、あっちでぐすん、こっちでぐすん。。もちろん私も…^^;
大きな感動に包まれた、素晴らしい卒業式でした!!!
これからも、エールを送り続けます!!!!

f0232560_1659157.jpg翌17日は、
「桜3・11プロジェクト」

津波が校庭まで到達した、仙台市立岡田小学校で、桜の植樹式を行いました!!

さとう宗幸さん、庄司眞理子さんも駆けつけて下さり、地元の岡田合唱団の皆さん、集まって下さった地域の皆さんと♪花は咲く♪の大合唱(^^)v

子どもたちも嬉しそうに、一緒に風船を飛ばしてくれました!!!
この桜と共に、元気に育ってね^^

皆さんと一緒に植樹した桜が、鎮魂と希望の樹としていきいきと育ち、地域の皆さんに愛され、心に光を灯して行きますように。。
[PR]
by shoko2kotonoha | 2013-03-22 16:59

心静かに…3月11日。。

東日本大震災から2年…
様々な思いが交錯する中、心を込めて声の言葉を届けさせていただきました。
f0232560_16252417.jpg震災前から交流があり、私の故郷とも近い、南三陸町では、追悼式の司会をつとめさせていただきました。

写真は、志津川高校2年4組の生徒たちが、式の中で合唱するリハーサル風景。。

友好関係にある、はるか遠いチリからもアーティストが来日。
素晴らしいコラボレーションで、彼らの思いが、参列した町の方々に届いた本番は、言葉にできない感慨がありました。
f0232560_16295593.jpg

その後、私は仙台へと戻り、メモリアルイベントの会場となる、東京エレクトロンホール宮城へ。。

「ありがとうの詩」の朗読、加藤登紀子さんや畠山みゆきさんのコンサートなど、心温まり、一歩前へと踏み出すきっかけになるような、素晴らしいひと時でした。。
この時間をご一緒出来たことに、心から感謝したい思いでいっぱいになりました。

~と言うのも、南三陸町から仙台までの移動は、想像をはるかに超える大渋滞で、ギリギリの出演時間に間に合ったことも奇跡のような状況だったのです。。
そういう意味でも、目に見えないものも含めて、全てに感謝をしたい一日でした!!!

f0232560_16351212.jpg翌12日は、また南三陸町へ!!

文化交流ホールで行われた、「日本ーチリ交流コンサート」で、志津川高校の高校生たちが創った詩を朗読させていただきました。。

2010年2月27日に大地震と大津波に見舞われたチリ。
大震災からの復興途上の2つの町が、音楽を通して心よせあうコンサート♪
チリの国民的歌手、ケコ・ユンゲさんら3名のアーティストと、日本側からギターの佐藤正隆さん、邦楽&民謡ユニットの法笙組も登場しました。。

来場されていた、南三陸町の知人が、FBのに素敵なコメントを書いていらっしゃいました。。
******************************************

今夜のコンサートは本当に素晴らしい時間でした。
音楽は、まさに国境を越えて、私達南三陸の人々の心に響きました。
そして、志津川高校の2年4組の生徒さん方が紡いだ言葉。
今夜、会場にいた誰もが感じたように、我がふるさとの若い力を誇りに思います。
その中から、未来を夢見て、と言う詞。

もう一度
海と共に生きていく
昔のような
美しい風景を取り戻そう
みんなでまた
この町に暮らそう
子供達と
楽しく暮らそう
そんな未来を夢見よう

輝く未来を夢見よう

こんなメッセージでした。
いつも頭の中では、そう感じてます。
でも、言葉にすることの大切さを、改めて気付かされました。

言葉と言う、素晴らしい手段を持った私達は、もっともっと、未来に向けた対話から始めなければなりません。

そんな事を考えさせられた、三年目の第一歩でした。

関わる全ての方々に、心から感謝します。
***************************************

~私も、この言葉をしっかり受け止め、次の一歩を踏み出したいと思います!!!
[PR]
by shoko2kotonoha | 2013-03-22 16:36

子どもたち&若者たちとの交流。。

山口3会場講演の合間に、子どもたちや若者たちとの交流の時間を持ちました。。
宇部市立新川小学校は、訪問3回目!!6年生のみんなとは、昨年の10月以降の再会。。
お昼を一緒に食べよう!とお邪魔したら、黒板が~!!!!もう、大大大感激!!!
「渡辺祥子さん感謝の会」と題して、まずはリコーダーの演奏、そして、リコーダーにのせて感謝の言葉、
最後に大合唱と、感激の涙、涙でした!!!
f0232560_15525626.jpg

f0232560_15542688.jpg10月にお話をしたことをしっかり覚えていてくれていたのですね~!!!

震災後、大きな共感を呼び全国を駆け巡った相田みつをさんの言葉、「うばい合えば足らぬ、わけ合えばあまる」
そして、マンションのエントランスに、野菜やゆで卵が置いてあった話も…
吹き出しの、「ひとつたけにしよう!!」も、ウケる~!!!^^

子どもたちの心の中に、少しでも種を蒔くことが出来たかなぁと、嬉しくなりました!!
f0232560_1602422.jpg御礼に私からは、短いお話「百羽のつる(花岡大学)」のお返し。。

吸い込まれそうな純粋なまなざし…
素敵な出逢いに心から感謝の時間でした!!!!







f0232560_1624820.jpg


また、将来を語り合おう!!と企画していただいた、高校生との交流。。

こちらでのエピソードは、3月18日の朝配信の携帯メルマガ「言の葉だより」に書きましたが、こちらにも貼り付けますね^^
子どもたちや若者たちのおかげで、また力強く一歩を踏み出せた私!!
彼らは、やはり希望です!!少しでも、彼らの力になれるよう、頑張るぞ~!!!!
みんな!本当に、本当に、ありがとう!!!!!^^

********************************
=これからでも、
考えられること、
やれることが
あると思いました=

先々週の土曜日、山口県宇部市で出逢った、高校生の女の子の言葉です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東日本大震災から2年を迎えるにあたり、震災直後から支援を続けて下さっている宇部の皆さんが、山口県内3ヶ所でのチャリティ講演会を催してくださいました。

その他にも、地域の交流スペースで自習(受験勉強)をしている高校生たちに声をかけ、被災地で懸命に生きる人たちのお話をさせていただきました。

はじめはいやいや参加していたように見えた若者たちも、話が終わると、しっかりとした自分なりの意見を述べてくれたことには感動しました。

そしてその中で、ある女の子がこう発言したのです。

「これまで私は、遠いという事もあって、震災のニュースを見ても、何とも思いませんでした。
でも、今日のお話を聞いて、これからでも、私にも、考えられること、やれることがあると思いました。」

ハッとさせられました。

私はこれまで、「希望の言葉を伝え続ける!!」などと豪語していたくせに、実は内側には、「一生懸命発信してきたけれども、何も変わらないのではないか」とか、「そろそろ被災地の事に、全国の皆さんは、興味がなくなっているのではないだろうか」という不安など、様々な葛藤があった事を、この言葉が気付かせてくれたのです。

これまで何の問題意識も持っていなかったと話す一人の少女が、「これからやれることがある!」と語っている一方で、問題意識の塊のようだった私が、勝手に自分で自分に線を引いて、諦めようとしている…

ショックでした。

そしてその瞬間、少女の言葉はストンと私の中に落ち、私の言葉としてよみがえって来たのです。

自分で自分に制限をかけていた事、自分を信じきれなかった自分など、一瞬にして沢山の事に気づかせてくれた、名前も知らない少女の言葉…。

こらからも折に触れ、私を引き上げてくれることでしょう。

さぁ、新しい一週間が始まりました!!
今週も、笑顔でいきましょう^^

***********************************
[PR]
by shoko2kotonoha | 2013-03-22 16:06

山口の皆さん!ありがとうございました!!!

報告が遅くなってしまいましたが、東日本大震災から2年が経過するのを前に、山口県内3ケ所(山口・下関・宇部)でチャリティー講演会を企画して下さった皆さん!本当にありがとうございました!!
写真は、3会場目の宇部ヒストリアでの集合写真!市役所の方々もお手伝いくださり、皆さんの被災地への温かい想いがものすごく伝わってきました!!
こうした応援を受け、私たちは次の1年をしっかりと歩んでいかなければいけないという事を、改めて強く実感した3日間でした。関係者の皆さん!本当にありがとうございました!!
f0232560_1140356.jpg


f0232560_11464429.jpg会場には、被災地での様々な活動報告や現状の写真の他、昨年20回にわたり宇部日報に連載した私のコラム「被災地からのメッセージ~絶望を希望に変える力~」が展示されました。




f0232560_1148690.jpg


山口市内にて~
フルートの長門昌世さんと初コラボ。。とても心地よいくうかんをつくってくださいました^^
熱心に耳を傾けてくださったお客様にも、こころから感謝いたします。。
f0232560_11485335.jpg






下関(菊川町)会場。
ピアノの荒谷 恵理可さんも参加。。ご好意に、心から感謝です^^素敵な演奏でした!!!

昨年秋にお邪魔した、下関市立王司小学校の安藤先生もご家族連れで参加をいただきました。
木造りのあったかい雰囲気の中での講演会になりました。。








f0232560_1231735.jpgこちらは宇部会場の写真。
全会場、最後はこのように歌詞を大きく出して、♪花は咲く♪の大合唱!!!

こうした皆さんの想いを、被災地に運んで参ります!!!
大きな愛を、ありがとうございました!!!!!
[PR]
by shoko2kotonoha | 2013-03-22 12:07

山口(山口市・下関市・宇部市)3ヶ所チャリティー講演会♪♪♪

あれから2年、「わたしたちは忘れない―」
被災地からのメッセージ チャリティー講演会


東日本大震災発生直後から温かい支援をし続けて下さっている、宇部の応援団の皆さんが中心になり、
今回も企画をしてくださいました。ありがたいです。お近くの方、ぜひご参加くださいませ。

f0232560_840435.jpg山口市:3月7日(木) 
パルトピア山口(防長青年館)

下関市:3月8日(金) 
グリーンセンター上田部

宇部市:3月9日(土) ヒストリア宇部

時間:全会場とも開演19:00(開場18:30)

入場料(前売り)
大人1,500円(当日1,700円) 
中高生1,000円(当日1,200円)

お申込み&問い合わせ 
090-4892-5951(山根)

yamane.yoshiko@beige.plala.or.jp




この2年、被災地で懸命に生きる人々の姿をお伝えすることで、被災地と支援者を結ぶと共に、生きる力、命の尊さを伝えてきました。
3月11日が残した私たちへのメッセージはとても重く、大切なもの。伝え続ける意義を強く感じでいます。心を込めてお話しさせていただきます。
[PR]
by shoko2kotonoha | 2013-03-06 08:48

「若冲が来てくれました」展 開催

「若冲が来てくれました」
  ~プライスコレクション 江戸絵画の美と生命~


仙台市博物館で、本日3月1日から!!!!
f0232560_8423493.jpg東日本大震災復興支援の特別展!
仙台を皮切りに、岩手県立博物館(盛岡市)~福島県立美術館(福島市)の3ヶ所での開催と言うのが、何より嬉しい!

全国の皆さん!!若冲はじめ、貴重な作品の数々に会いに、ぜひ、宮城に!岩手に!福島に!!お越しください!

そして、地元の皆さん!
被災地の人々の心の支えになればとコレクションの貸し出しを申し出てくださったジョー・プライス氏(伊藤若冲はじめ、江戸期時代の個性的な画家たちの作品の世界的コレクター)の想いが詰まった作品の数々…エネルギーをもらえること請け合いです!!

実は今回、大きな発見がありました!!
私たちは、日本人の特質として、繊細な感性をよく取り上げますが、今回作品を鑑賞し、私たち日本人は、類まれな、大胆で力強い表現のできる民族でもあったのだ!!と、目を開かれた思いでした。

そういう意味でも力をもらえるコレクションの数々!!
何度も通いたいと思えた展覧会でした!!!
[PR]
by shoko2kotonoha | 2013-03-01 08:47