渡辺祥子 言の葉だより

kotonoha9.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

渡辺祥子『月夜語り2014』のご案内

渡辺祥子「月夜語り」2014×piano川上ミネ
誠の人~支倉常長はるかな旅~

f0232560_22555292.jpg今年も開催します!渡辺祥子「月夜語り」!!!!
仙台・杜の響きコンサートのHPから、チラシをダウンロードできます^^)

毎年11月の満月の夜に開催している「月夜語り」。
今年は、400年前に伊達政宗の命を受けて、スペイン・ローマへと渡った支倉常長の旅の風景を、スペイン在住の気鋭のピアニスト、川上ミネさんのピアノとの共演で語ります。

今年の満月は7日金曜日ですよ~!!!
400年の時を超え、一緒に船出をしませんか^^
御来場、お待ちしています!!!



入場料 前売3,000円(当日3,500円)
<プレイガイド>
日専連カウンターアエル店(AER 4階)ニッセンレン・テラス セルバ店(セルバ5階)
    (※日専連カードで購入の方は、割引特典があります)
ローソンチケット:L コード28528 

問い合わせ先:フォーラム言の葉 [ 事務局090-2889-3690( 平井)]
主催:フォーラム言の葉
協賛:(株)日専連ライフサービス、(株)ホットマン

~今からおよそ400 年前の江戸時代初め、支倉六右衛門常長は仙台藩主伊達政宗の命令で太平洋と大西洋を渡りスペイン、ローマへ向かいました。
ふるさとを出港して七年。はるかな国を旅し続け、主君への誠を貫き、出会ったすべての人々に誠実に接した支倉常長。彼の真心は、人々の心に見えない絆を育んだのです。
この長い旅路で、常長は何を見つめ、何を思ったのでしょうか?彼と接した異国の人々は、彼を通してどのような「東北」を思い描いたのでしょうか?
スペインを拠点に活躍するピアニスト川上ミネの演奏と渡辺祥子の語りが、常長の旅をめぐる風景と彼の心中を描き出します。~

<友情出演:川上ミネ
2013 年 日本スペイン交流400 年事業公式ピアニストで、日本・スペイン両皇太子殿下がご出席されたマドリッド王立劇場での 『日本スペイン交流400 年開幕記念音楽会』のメインソリスト・芸術監督として演奏をした。
[PR]
by shoko2kotonoha | 2014-09-16 23:00