渡辺祥子 言の葉だより

kotonoha9.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

5月23日(土)講演会ご招待のお知らせ!!

f0232560_22313679.jpgf0232560_22315271.jpg東北黒沢建設工業(株)
「心の講習」

=講演と対談を通して考える、東日本大震災が残した私達へのメッセージ=
『それでも人生にイエスと言う
~3.11からのことづて~』


2015年5月23日(土)
14時から16時半
エルパーク仙台(三越定禅寺通り店5階)セミナーホール



講演&朗読 渡辺祥子
ゲスト 藤波祥子(八重垣神社宮司)


先着100名様ご招待(※下にある連絡先にお申し込みください)

東日本大震災以降書き溜めてきたエッセイをまとめた「3.11からのことづて~災後を生きる人たちの言葉(TOブックス)」には、困難にもかかわらず立ち上がる人々の懸命に生きる姿や、自分を越えて支え合う、世界中の人々との交流のエピソードなどが収められています。それは、未来を生きる人々への、今を生きる人々からのメッセージであり、多くの人の生きる力につながる大切な宝物であると確信し、講演や、言葉の展示を通して、忘れてはいけない貴いメッセージを伝え続けています。

今回は、「それでも人生にイエスと言う」をキーワードに、私の講演(第一部)と、エッセイにもご登場いただいている、八重垣神社宮司の藤波祥子さんをお迎えし、様々なお話を伺って参ります(第二部)。

「今を拓き、未来を開く」キーワードを沢山お届けいたします。
ぜひ皆様、ご参加ください!!!

f0232560_2238917.jpg藤波祥子さんについて(左は、藤波さんの言葉を書にしたものです)

山元町:八重垣神社宮司
藤波祥子さんは、亘理郡山元町の海岸近くに鎮座する、八重垣神社の22代宮司です。創建は807(大同2)年。6年前に鎮座1200年祭を迎えた古社ですが、東日本大震災の津波で、その全てが流失しました。
そのような状況にもかかわらず、藤波さんは、前を向いて、神社をよみがえらせるために奮闘されています。
藤波さんを支える精神の力、生きる力はどこから来るのか…。多くの示唆に富んだお話が伺えることと思います。

お問い合わせ&お申込み
東北黒沢建設工業(株) 担当:加藤・佐藤
TEL 022-288-5996
FAX 022-288-9556
メールアドレス info@kurosawa-kaitai.com
(お申し込みの際は、住所氏名、参加人数を明記ください。
締切が過ぎても席に余裕があればお受けできますので、お問い合わせください)

主催:東北黒沢建設工業(株)
協力:渡辺祥子3.11を語り継ぐ会
[PR]
by shoko2kotonoha | 2015-05-11 22:39