渡辺祥子 言の葉だより

kotonoha9.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

渡辺祥子「3.11からのことづて」展

被災の地で受け取った
心をゆさぶる言葉の数々…
渡辺祥子「3.11からのことづて」展


2016年2月27日(土) 午前10時~午後6時
2月28日(日) 午前10時~午後3時

※入場無料 

会場:登米祝祭劇場小ホール
 (登米市迫町佐沼光が丘30 TEL 0220-22-0111) 

『忘れないでください。
あの日、
名前も知らない誰かの無事を、
心から願ったことを…』(「3.11からのことづて」あとがたりより)

アナウンサー渡辺祥子が、東日本大震災後3年間書き溜めたエッセー集「3.11からのことづて」の中から、心に響く言葉を展示します。故郷登米市で開催する展示会とミニコンサート。
また、「つなみのえほん~ぼくのふるさと~」より、作者・工藤真弓さん(南三陸町)直筆の五行歌の展示~も行います。皆様のご来場を、心からお待ちしております。

~展示期間 関連企画~
「3.11からのことづて」メッセージコンサート
  3月27日(土) 午前11時~
           午後2時~
  3月28日(日) 午前11時~


朗読:渡辺祥子
ギター:佐藤正隆      <※各45分 直接会場へお越しください>

主催:渡辺祥子3.11を語りつぐ会 090-2889-3690
f0232560_22222039.jpg
[PR]
by shoko2kotonoha | 2016-01-11 22:23

ロゴセラピー講演会&「3.11からのことづて」展

フランクル文庫主催 ロゴセラピー講演会
フランクルの言葉
~「3.11からのことづて」によせて~


=同時開催:渡辺祥子『3.11からのことづて』展=

※震災から丸5年の節目を迎えるに当たり、東日本大震災時、さらに災後を懸命に生きてきた人々の姿に眼差しを向け、改めて、「生きる」ということを考えてみたいと思います。
その時、ヴィクトール・フランクルの言葉は、新たな視点を授けてくれるかもしれません。

<講演>
日時
2016年2月20日(土)
午後1時半~3時半
参加費 1,000円

講演者
渡辺祥子(フリーアナウンサー・ロゴセラピスト)

=同時開催=
渡辺祥子『3.11からのことづて』展
2016年2月20日(土)21日(日)
入場無料 午前10時~午後5時

※自身の体験や、被災体験者のインタビューをまとめたエッセイ集『3.11からのことづて~災後を生きる人たちの言葉』から、心に響く言葉を展示。同時に、フランクルの言葉の展示も行います。

場所
ほっぷの森ホール(仙台市青葉区本町1-2-5 第三白梅ビル4階)
申し込み先 090-3123-6363(白木)
f0232560_22502863.png
f0232560_22184756.jpg
[PR]
by shoko2kotonoha | 2016-01-11 22:19