渡辺祥子 言の葉だより

kotonoha9.exblog.jp
ブログトップ

ボリビアレポート(その12)

ウユニ二日目は、少しでも水のあるところを…
と、探して走ってもらいました。
f0232560_3492040.jpg

雨季の時期は、長靴を履いて観光するのだそうです。
それはそれは美しかろうと思いますが、こうした光景もまた、格別なものがあります。
f0232560_3512590.jpg

f0232560_3515950.jpg

塩湖に沈む夕日…
雰囲気がうまく出せませんでしたが素晴らしかったですし、もちろん撮影は出来ませんでしたが、塩湖上で見た夜空~とりわけ南十字星は忘れられません。
f0232560_3564452.jpg

心の中に静寂が広がり、日常の様々なことが、全てナマナマしく思えてくるほどの安定感のある静けさが自分の中に訪れるのを感じるという、不思議な体験をしました。
ここで得たこの感覚を、大切にしていきたいと思います^^
[PR]
# by shoko2kotonoha | 2016-05-20 03:58

ボリビアレポート(その11)

現地のガイドさんにランドクルーザーを運転してもらい、ウユニ塩湖へ^o^
スマホの写真で恐縮ですが、美しい風景をご覧ください!!!
f0232560_3403317.jpg

今は乾季ですので、鏡のように水が張った風景はあまり見られないのですが、亀の甲羅のような、この城の世界も美しいです!!!
f0232560_3415835.jpg

f0232560_3424487.jpg

塩を乾燥させている場所も圧巻でした。この列が延々と連なるのです。
360度塩の上に盛り塩…^^???
ここまでくると、骨の髄まで浄化されそうです(笑)
f0232560_3433911.jpg

[PR]
# by shoko2kotonoha | 2016-05-20 03:46

ボリビアレポート(その10)

ボリビアレポートの最後は、憧れのウユニ塩湖!!!
日本人移住地でのお話の会のミッションも終え、ほっとしたのか風邪気味に(><)
標高4100メートルのラパスの空港では、鼻づまりの為に呼吸が浅くなり、まさかの酸素ボンベ!!
無事に復活し、ウユニ行の飛行機に乗り込み着いたところは…
塩湖のそばに建つ塩のホテル、Luna Salada(ルナ サラーダ)!!!
きっと私の体調不良は、ここで癒されるはず!!!!^^
f0232560_3304851.jpg

ありとあらゆるものが塩で出来ています!!
通路サイドは個室のように区切られていて、暖炉の部屋やハンモックの部屋など、ゆったりと本を読んだり物思いにふけったり…もちろん仕事もはかどります!!!
塩の消音効果!????
静寂が、周囲だけでなく、心の中にも広がるから不思議です。。
f0232560_3334433.jpg

ウユニ塩湖を遠くに眺めながらの食事も、心なごみます。(贅沢ですよね~^^)
f0232560_3342914.jpg

壁も、机も椅子もベッドも~塩、塩、塩…
これで体調が良くならないわけありません。
究極のデトックスになりそうですね!!!
f0232560_336911.jpg

f0232560_3365340.jpg

[PR]
# by shoko2kotonoha | 2016-05-20 03:37

ボリビアレポート(その9)

ボリビアにある日本人の街(もう一ヶ所、沖縄の方々の移住地もあります)サンフアン日本人移住地での体験を、3回に分けて投稿しましたが、最後のレポートはこちら!!

移住地内の学校「サンフアン学園」での語りの会を終え、帰路についたのがちょうど下校時間。
子どもたちが掃除をしていました!!
f0232560_2484861.jpg

〜それが何???と、日本人の我々には当たり前の風景ですが、
世界の多くの国では、掃除はその専門の人が行うものとか、お手伝いさんがやるもの、的な感覚があり、
日本のように、掃除はただ綺麗にするだけでなく、精神文化を育てると考える国は、ほぼないのではないでしょうか。
ですからこの風景は、日本人移住地ならではの特別なもの!!

61年前、ジャングルの中にポツンと取り残されたような状態だったにもかかわらず、
子どもたちには、女学校を出た人などが先生になったり、現地の人を雇ってスペイン語を教えたりと、
いち早く学校をつくったそうで、それが今のサンフアン学園の前身。

現在は、教育がしっかりしているとの事で、移住地内に住むボリビア人のみならず外からも通う子どももいて、日本語とスペイン語のクラスに分かれたりしているそうですが、掃除だけは共通。
ボリビア人の親から、何故うちの子供に掃除をさせるんだ、誰かを雇うべきだ、などのクレームもあるようですが、何とか今まで死守しているそうです。

先生方の頑張りの賜物なのですが、ぜひこうした精神は、引き継いでいってほしいと思いますし、
私たちも、掃除に代表される精神性を、受け継ぎ、引き継いでいかなければと強く思いました。
f0232560_2503123.jpg

[PR]
# by shoko2kotonoha | 2016-05-20 02:52

ボリビアレポート(その8)

サンフアン日本人移住地の小中一貫校、「サンフアン学園」へ。
敷地内には、幼稚園と小中学校があり、今はボリビア人の子供さんが増え、日本人は全校生徒の三分の一なのだそうですが(私がお話ししたのは全部で70人くらいでした)、地球の反対側に行き、日本語で語りの会が出来る不思議さと、感激に包まれました。
f0232560_239548.jpg

1年生から4年生の会では、民話や参加型のお話、早口言葉など、ワイワイ楽しくやりました^^
f0232560_2413490.jpg

f0232560_2423162.jpg

5年生から中学校2年生の会では、様々な語りの他、東日本大震災のお話も。
f0232560_2442291.jpg

私のエッセイ本「3.11からのことづて」と一緒に、3月に藤崎百貨店でメモリアル企画を行った二冊の絵本(「マンホールのステージ」「つなみのえほん」)も寄贈。
図書館においていただくことになりました
末永くこの地の子どもたちとの交流が続きますように!!!
f0232560_2445384.jpg

[PR]
# by shoko2kotonoha | 2016-05-20 02:45