渡辺祥子 言の葉だより

kotonoha9.exblog.jp
ブログトップ

街に息づくエネルギー!!

アートでたどるライフライン
“生きる”博覧会2010[夏篇]


9月23日の月夜語りでも御一緒する吉川由美さんはじめ、仲間のアーティストたちが関わっている
アートプロジェクト!!!週末遊びに行ってきました!!!

地域と深く関わる、思いのこもったイベントなのですが、なかなか説明しきれないので,
HPのはじめにある文章を下にコピーしますね‥^^「さらに詳しくはこちらをクリックして!!」

“生きる”博覧会は、さまざまな場所での人間の営みをアートを通して見つめ直すプロジェクトです。

今年は、海辺の町、南三陸町を舞台に、まちなかの商店、女たち、海産物加工に携わる方々の“生きる”を、
いくつかの手法で浮かび上がらせます。

また、南三陸町の知られざる魅力のスポットを掘り起こす限定ツアーも開催します。
まちの女性たちと協働して、まちに連なる一軒一軒に生きる人々の思いを美しい切り紙にするコミュニティアートが、駅前からおさかな通りに展開します。

海辺のまちで、特別なひとときをお過ごしください。 
 <HPより>


正月の神棚の飾り付けのひとつ、きりこも、アーティストの視点で見ると素晴らしい地域の宝!!
特に宮城のきりこは、形も複雑で芸術的にも高い評価を得ているそうなんです。
本来は地元の神社の神職の手で家々の形がつくられるそうですが、これを地域の女性たちと共同で、
コミュニティーアートとして取り上げました。。
f0232560_223093.jpgf0232560_224794.jpg










街全体のイメージの魚などのきりこの他、その家やお店の方々にインタビューをして、
そこ独自のきりこをつくり、その家や店の由来の説明プレートとともに展示をしている所もありますので、
地域をおもいっきり感じることが出来ます。
見ている私がそう感じるのですから、取材をしきりこを制作した地域の女性、そして取材をされオリジナルの
きりこが飾られた方々のこころに思いを寄せると、なにかあったかいものを感じずにはいられません。
f0232560_228275.jpgf0232560_2283931.jpg










今週末も様々な企画が予定されています^^お時間のある方!ぜひ海辺のまちを訪ねてみては!!
[PR]
by shoko2kotonoha | 2010-08-30 22:12