渡辺祥子 言の葉だより

kotonoha9.exblog.jp
ブログトップ

2013年 05月 02日 ( 1 )

忘れかけていた、日本人の精神性…。。

震災から半年が経過した2011年9月11日に立ち上げた、河北新報社のオピニオンサイト「オピのおび」
立ち上げのときから不定期でコラムを書いていますが、新年度は、人にスポットをあて、生きる力をテーマに、月に一回ペースで書いていこうとスタートしました。(私が勝手に掲げている個人的テーマです^^;)

今回、その第1回にご登場いただいたのは、宮城県南、山元町の八重垣神社・22代宮司 藤波祥子さん

1200年以上の歴史を持つ神社は、3月11日の震災の津波により、全てが流出しました。
しかし、この地で脈々と続いた神社のよみがえりを目指す藤波宮司と、氏子さんたちの姿には、私達が忘れかけている、大切な日本人の心、精神性を見ることが出来ます。

コラムには反映されていませんが、この原稿をアップする前に、最終確認を戴く際、藤波さんが仰った事も印象的でした。
「神社を建てる」とか、「再建する」という書き方は、自分の思いと少し違うから変えてほしいと仰った藤波さん。
それだと、建物を建てる事に重点が置かれるような感じがすると…。
藤波さんのイメージは、「この地に神社をよみがえらせる」というものなのだそうです。
~もちろんそこにカタチもついてくるわけですが…とてもとても大切な精神を教えていただきました。。

このように、ご紹介したいエピソードが多すぎて、長くなってしまいましたが、
それでも半分くらいにまとめました。感動的なお話を沢山伺う事が出来ました。
ぜひ皆さんにも共有いただきたく…お時間のある時に、お読みいただけたら嬉しいです。

こちらをクリックしてお読みください! → ★★★★★★
[PR]
by shoko2kotonoha | 2013-05-02 20:54